So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

TRAIN SUITE 四季島 乗車記 NO3 [TRAIN SUITE 四季島]

宿で、朝を迎えました~。おおむね快適な宿でした。ただし、登別も有名な温泉ですが、ほかの宿から比べると、少々不満も残りました。特にお食事です。伊豆や箱根、東北や九州に比べると、少々見劣りします。

四季島の朝はすべて早いです~。六時半起床、7時に食事。そして8時に出発です。

朝食は、夕食が夕食でしたので、あまり期待していませんでしたが、それにたがわず、食べるものがありません~。悲し、、、

北海道と言えばシャケですが、、、。私の地元で食べる方が物の方が美味しいです~。なぜ?DSC_0441 (640x425).jpg


出汁巻卵は、温かかったです~。ふしぎ~~~~。

DSC_0442 (640x425).jpg


特に湯豆腐は苦手です~。私の勝手な味覚なのですが、、、、。

DSC_0444 (640x425).jpg


見た目、納豆は藁に入っているのですが、中は密封パック?はて、、、?

DSC_0447 (640x425).jpg


朝食も終わり、8時にバスで、わかさいも本舗へ。地元では結構有名なお店らしいです。到着時には、全員にお菓子の詰め合わせがプレゼント、帰って開けてみたら、7つもお菓子が入っていました~。試食も豊富で、ここでかなりのお土産を買いこみました。しかも自宅まで送料無料です~。地ビールは、とってもおいしいものでした。

DSC_0449 (640x425).jpg


このわかさいも本舗で、ハプニング。旅館の不手際で、宿泊者の荷物をバスに積み忘れるというチョンボをしでかしました~。そのためこのお店の出発が、30分ほど遅れました~。出発時間に余裕があるといっていましたが、これでかなりきつくなりました~。

ドキドキ。これは四季島のスタッフのミスではなく、旅館のミスです。旅館の従業員が、あわてて車で運んできました~。何ともはや、、、。

どうにか、出発5分前にギリギリセーフ。到着して事なきを得ました。お部屋でまったりしていると、車窓からは、沿線の保育園の園児がお見送りをしてくれていました。

DSC_0453 (640x425).jpg


ラウンジのバーテンダーさん。おいしい牛乳を提供してくれました。ほとんどを私が飲んだみたいで、青森到着時にはもう在庫がありませんでした~。スミマセン。この方とっても親切で、ダイニングカーでは、私たちの写真も撮ってくれました。

DSC_0460 (640x425).jpg


そのうち、昼食となりました~。朝食をほとんど食べてませんので、おなかがすきました~。

DSC_0462 (640x425).jpg


この時先ほどのバーテンダーの方が、写真を撮ってくれたのです。日本で一番小さな駅です~。

最徐行で走ってくれています。

DSC_0465 (640x425).jpg


車両1両分しかホームがありません。峰と峰の間にある小さな駅。最徐行で通過していますが、あっという間に通過してしまいます。なぜこの駅ができたのか今でも謎だそうです。人が住んでいそうもないのです~。

DSC_0466 (640x425).jpg


DSC_0473 (640x425).jpg


綺麗にセットされたテーブル。期待値があがります。

先ずは、アミューズプーシュ、雪幻豚のリエットのまりも仕立て。初めての食感とお味。とても美味。

DSC_0475 (640x425).jpg


オードブル。根セロリと道産鴨ハム。

野菜のギリシャ風。

ふっくりんこのサラダ。

ポロ葱の冷製マスタード風味。

道産ビーンズのポール。

どれもおいしいです。量もちょうどよく完食。

DSC_0477 (640x425).jpg


これが今回から導入された函館の牛乳です。とっても濃厚で、味がありとってもおいしいものです。

周囲の反対を押し切って導入したものらしく、私が「この牛乳美味しいですね。」とひとこと言ったら、「そうですか。私がどうしてものこ列車に乗せたかったものなのです。分かっていただいてうれしいです。」と感謝されました。

感謝するのは私の方です。何度もお代わりをしてすみませんでした。翌朝にはなくなっていました~。

DSC_0481 (640x425).jpg


アフターヌーンティー。銀製のサンドウイッチ。大沼おおが製のローストサンドサンドウイッチ。そば粉のロールスティック。

ビジューショコラグリオット・タルトタタン。ヴェリーヌパンナコッタフレーズ。テ・フルールドゥ・スリジェ。フィナンシェ・シトロンヴェール。シューココアナナス。マルガッシュ。

どれがどれだかわかりませんが、どれもこれもおいしい。

DSC_0484 (640x425).jpg


DSC_0486 (640x425).jpg



DSC_0488 (640x425).jpg


景色を眺めながら、至福のひと時です。

DSC_0492 (640x425).jpg


DSC_0499 (640x425).jpg


単線が続きます。

DSC_0512 (640x425).jpg

展望車。部屋から近いので、頻繁にお邪魔してます~。それにしても変わった窓です~

DSC_0513 (640x425).jpg


各車両の状態を示す計器です。エンジンがかかったりすると、その車両のインジケーターが赤くなります~。

DSC_0520 (640x425).jpg


食事の後は津軽三味線で、まったりとした時を過ごします。

DSC_0536 (640x425).jpg


太棹の三味線の音が5号車に響き渡ります。

DSC_0537 (640x425).jpg


大変いい時間でした。いい音でした~。うまい!

DSC_0542 (640x425).jpg


景色の中には、パッチワークの丘のようなところも。かなり小さいですが、とってもきれいです~。芝桜?なんでしょう?

DSC_0543 (640x425).jpg


DSC_0546 (640x425).jpg


さあいよいよ、青函トンネルをくぐります。来るときは、夜中でしたので、見ることはせきませんでした。

そして、北海道新幹線と貨物車両以外で在来線特急が青函トンネルと通ることのできるのは、四季島だけです~。これも非日常です。

線路が3本になっています。新幹線と在来線の車両の幅が違うための苦肉の策です~。

DSC_0557 (640x425).jpg


展望車はいっぱいの人です~。

最前列でカメラを撮りますが、乱反射でうまく取れませんでした。

DSC_0573 (640x425).jpg


上手く撮れなかったので、今度は最後尾車両まで、ダッシュ。先頭から、最後尾まで結構あります~。

トンネルから出るところを撮りに、、、。でも最後尾でもやはり乱反射。運転席との境の透明パネルが乱反射の原因です~。誰もいません。

DSC_0577 (640x425).jpg


すると車掌さんが、乱反射の原因の扉をあけてくれました~。おお~~~。ありがとうございます~。

クリアーです。感謝感謝です~。

DSC_0579 (640x425).jpg


最後尾の写真です。

DSC_0584 (640x425).jpg


そう、出た瞬間です~。最後尾の車両からのショットです。私しかいません。

DSC_0581 (640x425).jpg


青函トンネルを抜け、一昨日通過した青森駅に到着です。

DSC_0593 (640x425).jpg


DSC_0596 (640x425).jpg


たくさんの方々の出迎えです~。

DSC_0598 (640x425).jpg


お世話になっているクルーです~。とっても親切です~。


DSC_0600 (640x425).jpg


駅の改札口には、ねぶたのミニチュアがあります~。

DSC_0603 (640x425).jpg


いつも笑顔のクルーのお嬢さんです~。

DSC_0606 (640x425).jpg


バスで移動して、三内丸山遺跡に到着です。通常の駐車場ではなく、遺跡内の直接バスで横付けです~。

DSC_0609 (640x425).jpg


DSC_0610 (640x425).jpg


誰もいません。われわれだけです~。四季島の専用バスです~。

DSC_0615 (640x425).jpg



DSC_0622 (640x425).jpg


DSC_0631 (640x425).jpg


柱の跡と柱の跡です~。

DSC_0633 (640x425).jpg


本当に我々だけで、どうしたのかと思っていたら、今現在は、閉館していて、一般公開していないそうです。何と非日常。

我々だけのために開館してくれています。

DSC_0643 (640x425).jpg


普段は触れない実物の縄文土器です~。恐る恐る触っての記念撮影です~。

DSC_0648 (640x425).jpg


遺跡全体のジオラマです。6畳くらいあります。

DSC_0654 (640x425).jpg



DSC_0658 (640x425).jpg


展示物がすごい量です。

DSC_0661 (640x425).jpg


先ほど穴の中にあった柱跡の木片も陳列されています。

DSC_0664 (640x425).jpg


縄文土器です。

DSC_0666 (640x425).jpg



DSC_0668 (640x425).jpg


夕暮れが近づき、今夜の夕食が提供される青森美術館へ。

DSC_0678 (640x425).jpg


館内は、撮影禁止です。外からの写真しかありません。

この中の大ホールには、シャガールの大きな舞台幕が4点あります。たて9Mよこ15Mの大作で、3点は、青森美術館所蔵ですが、のこり1点、第3幕は、アメリカのフィラデルフィア美術館所蔵のものですが、同美術館が改装のため一時的に預かっているもので、第1幕から第4幕がそろっているのは、今だけだそうです。

DSC_0680 (640x425).jpg


そして、すでに閉館時間を過ぎています。そう、我々だけが美術館を見て回るそうです。

DSC_0682 (640x425).jpg


結構有名な、「あおもり犬」。そうです、アオモリケンです。青森県と掛けているみたいです。

DSC_0684 (640x425).jpg


すごく大きいです。高さは、8mくらいありそうです。

DSC_0686 (640x425).jpg


そして、今回の旅で、一番おいしかったお食事です。しかもとてもヘルシー。

コース料理の、総エネルギーが552kcal なのです。

ホテル城ヶ倉(HOTEL JOGAKURA)のシェフ川口氏が考案したフレンチコースです。

DSC_0688 (640x425).jpg


ヘルシーなフレンチは、金沢でもあるのですが、どうしてもお味が、、、、、。でも、ここのお料理は、ヘルシーなのに、普通のフレンチよりもおいしいのです。感動でした。

DSC_0689 (640x425).jpg


青森美術館の一室を貸切で、我々だけのために営業してくれるそうです。

DSC_0691 (640x425).jpg


広いお部屋に、大きなテーブル。食事をしている人数と、サーブしてくれる人数が同じなのではないかと思うほど、たくさんのスタッフさんがいます~。とっても贅沢な雰囲気です。

DSC_0693 (640x425).jpg


ワインは、お任せのワイン。私は白を、妻君は赤を、注文しました。とってもおいしい。

DSC_0697 (640x425).jpg


陸奥湾で獲れたとげくり蟹と、青森リンゴのゴロワース仕立て。

とげくり蟹の蟹みそと蟹爪のマリアージュ。

青森産香草のブーケを添えて。

この一皿で、77kcalですDSC_0699 (640x425).jpg


ワインやお酒は、カロリーに含まれません。ワインも美味。そして日本酒も。

DSC_0700 (640x425).jpg



津軽海峡で獲れた青森平目のセビーチェ風。八甲田山で獲れた山菜の出会い。フキノトウのコンディマンフレッシュトマトを添えて。132kcal

DSC_0702 (640x425).jpg


限定のお酒で、売っていないみたいです。とっても美味でした。お土産にほしかったのですが、、、、。

DSC_0703 (640x425).jpg


温製ポタージュ。岩木山の寒暖差によってできたトウモロコシ。ちなみに、56kcalです。

DSC_0704 (640x425).jpg


かなりおいしいものです。今まで食べたポタージュの中で一番おいしかったです。

DSC_0706 (640x425).jpg


奥陸奥湾帆立と八甲田山の雪解け水で自然栽培された山菜たちとの出会い。

ウドと、こぶみずと、ふき、添え。なんと、このボリュウムで、82kcal

DSC_0707 (640x425).jpg


青森リンゴで作られたタムラシードルと青い森の天然青色アンチャンティーのグラニテ。ちなみに7kcalです。

DSC_0711 (640x425).jpg



倉石フィレのポワレ、下北ワイン、8年熟成バルサミコ、甘露醤油のソース岩木山で栽培されたが嶽わさび、クレソンと共に青森産キタアカリ。このボリュームで、170kcal

DSC_0712 (640x425).jpg


幸せな時間が流れています。雰囲気も最高です。お料理のタイミングよく、長い時間待たされることはありませんでした。昨日とは雲泥の差です。

DSC_0715 (640x425).jpg


青森りんごトキと五所川原のジュレ2階層仕立て青森りんごフジの果皮を添えて。28kcalです。

DSC_0717 (640x425).jpg


コーヒーまでもが絶品。

DSC_0719 (640x425).jpg


アルコールを除き、総カロリー552KCAL信じられません。こんなにおいしいのちこのカロリー。どうしたらこんなことになるのやら。すべてにおいて、驚きです。

DSC_0721 (640x425).jpg


夜も更けて、とても素敵な夜です。シェフ自らお見送り。大きな美術館を貸切。これも非日常。

DSC_0722 (640x425).jpg


青森駅に到着。四季島の入線を待ちます。夜は更けています。時は、21時前後です。入線してきました~。

DSC_0738 (640x425).jpg


DSC_0744 (640x425).jpg


DSC_0748 (640x425).jpg


いよいよ青森駅を出発です。

DSC_0749 (640x425).jpg


青森の駅を21時出発です。お見送りご苦労様です~。


DSC_0750 (640x425).jpg


列車は走り、ここは弘前駅。夜も更けて22時です。

この笛奏者、とっても上手で、お名前は失念いたしましたが、また聞きたいものです~。

DSC_0756 (640x425).jpg


ゆるキャラと記念撮影です~。弘前城かな?

DSC_0762 (640x425).jpg


演奏も終わりお見送りです~。感謝。

DSC_0773 (640x425).jpg


この旅は、とってもタイトで、ぼんやりしている時間はありませんが、いっこうに疲れません。

そして昼食も美味、そして最高のディナー。満足です。前夜がウソのようです。

本日の昼と夜のお食事は、パーフェクトでした。フレンチの中でも1.2の美味しさです。

この食事のために、もう一度川口さんのホテルに行ってみたいと思いました。


出発から、好天気月続いていましたが、さすがに最終日は、お天気が悪そうです。

お天気は、下り坂です。明日は雨になりそうですが、屋外の観光はないので、バスからの出入りだけが問題です。

もう寝ないと、明日は一番の早起きになります。何と早朝5時には起きないと間に合いません。

列車内の睡眠は、とっても快適で熟睡しています。


NO4は、最終日となります。

御拝読ありがとうございました。



nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

TRAIN SUITE 四季島 乗車記 NO2 [TRAIN SUITE 四季島]


夜間、列車は、北へとひた走り、快晴の朝は、もうすぐ函館です。

車内で就寝後、朝を迎えました。四季島の朝は、とっても早いです~。今は、朝6時です。

5号車で、モーニングコーヒーです~。

DSC_0183 (640x425).jpg


展望車には、誰もいません~。

DSC_0184 (640x425).jpg


函館駅です~。ホームが曲がっているので、先頭から最後尾まで四季島を見ることができます~。

DSC_0187 (640x425).jpg


恒例の記念撮影。

DSC_0190 (640x425).jpg


朝食会場までの空き時間に、函館駅を出てみました~。改札口は、フリーパスです。

DSC_0192 (640x425).jpg


函館の朝市。人もまばら。朝早いので、ちょっと寒いのですが、この後日中は、北海道とは思えないくらい暑くなります~。

DSC_0194 (640x425).jpg


DSC_0198 (640x425).jpg


DSC_0203 (640x425).jpg


ここからは、バスで朝食会場に移動します。スタッフさんご苦労様です。

DSC_0206 (640x425).jpg


路面電車が走っています。市民の足って感じです~。いい感じ。

DSC_0208 (640x425).jpg


バスで到着の朝食会場。「冨茂登」という、有名な料理屋さんだそうです。無知な私は全く知りませんが、、、、。

DSC_0209 (640x425).jpg


通常は、朝食を提供していないそうです。きれいに配膳されています。ガイドの方の話では、ミシュランの2つ星だそうです。ミシュランに載ったお店とお料理は、初めてです~。はて、どんなお食事なんだろう?楽しみです~。


DSC_0211 (640x425).jpg


イカそうめん。「良いイカが入ったので」と、料理長兼オーナーの方がおっしゃっていましたが、ん?普通です。何やらいろいろな味が入っていて、イカの味がしません。醤油だけのほうが美味しいみたい。

左手のものは、真タコ温州仕立て、だそうです。ん~~~微妙。

DSC_0214 (640x425).jpg


さて、お吸い物を、、、。はあ~、ぬるい。今持ってきていただいたのですが、ぬるいです~。

紅鮭三平汁。ちょっと生臭かった。ぬるいせいだと思う。

DSC_0221 (640x425).jpg


いくら御飯です。これもまた、、、、。どうも私の口には合わないみたいです。ミシュランって、私のような下世話な人間の口には合わないみたいです~。

DSC_0223 (640x425).jpg


デザートは美味しかったです。熨斗梅が何とも言えませんでした~。

DSC_0224 (640x425).jpg


朝食も終わり、バスで移動して、アイヌ民芸館へ。

DSC_0225 (640x425).jpg


20分ほど踊ってくれました~。とっても有意義な時間でした。

DSC_0229 (640x425).jpg


DSC_0230 (640x425).jpg


その後、旧日銀あとの金庫室へ。分厚。!(^^)!

DSC_0233 (640x425).jpg


DSC_0235 (640x425).jpg


DSC_0239 (640x425).jpg


ガイドの方の説明も丁寧で良かったです。

DSC_0241 (640x425).jpg


アイヌの衣装を着ての記念撮影。ちょっと気恥ずかしいです~。

DSC_0253 (640x425).jpg


貸切の路面電車で、市内を移動します。

DSC_0256 (640x425).jpg


函館管内の路面電車で、一番古いものです。私の子供のころに金沢でも走ってました~。懐かしい~~~~。

久々の路面電車は、とってもノスタルジックでいいものでした。

DSC_0263 (640x425).jpg


DSC_0264 (640x425).jpg


函館のちょっと変わったところを色々と見学して函館駅に帰ってきました。立派な壁画?すごく大きくて、見ごたえありました~。

DSC_0271 (640x425).jpg


函館を出発です。朝市で買い込んだお土産がいっぱいです~。函館では、コースが分かれています。われわれは、縄文コースだそうです。ですから乗車している人は、半減しています。また青森で合流するみたいです。

DSC_0274 (640x425).jpg


出発です。単線を一路、登別へ向かいます。ディーゼル音を響かせて、走ります。

DSC_0279 (640x425).jpg


景色が何とも言えません。良いお天気でよかったです。今年の四季島の旅では、ほとんど北海道は、雨模様だったそうです。われわれは、運が良いようです。

DSC_0284 (640x425).jpg


そうこうしているうちに、昼食です。楽しみです~。車内の食事は本当においしいです~。

DSC_0321 (640x425).jpg


スタッフの方々は、忙しく動きまわっています。

DSC_0323 (640x425).jpg


妻君はシャンパン、私は、ハイボールです。

DSC_0324 (640x425).jpg


桜鱒と林檎。とってもしっとりとした鱒です。とっても美味。

DSC_0325 (640x425).jpg


王様シイタケと、ホタテ。肉厚でとても大きなシイタケです。能登手毬のような大きさです。

DSC_0329 (640x425).jpg


ひこま豚と蕪とフキノトウのソース。フキノトウは、私苦手なのですが、これはいける!

DSC_0334 (640x425).jpg


続いて、ワインもいただきました~。

DSC_0336 (640x425).jpg


最後のデザートもとっても美味。ふっくりんこ(RICE)と苺のデザート。初めて食べる。おいしい。

DSC_0337 (640x425).jpg


DSC_0340 (640x425).jpg


もうすぐ、登別です。降車に備えて、5号車で待機です。ホームには、すでにお出迎えの方々がいらっしゃいます。

DSC_0341 (640x425).jpg


何やら、鬼さんとふっくらおじさんのお出迎え。市の観光課の公務員さんです~。お話がとっても面白かったです~。


DSC_0342 (640x425).jpg


DSC_0346 (640x425).jpg


近くの水族館からペンギンのお出迎えです。


DSC_0353 (640x425).jpg


クルーもお見送り。ご苦労様です~。


DSC_0360 (640x425).jpg


バスと四季島の併走中です。

DSC_0366 (640x425).jpg


当然四季島が速いので追い抜かれます~。さよなら~。四季島は、今から札幌の操車場まで行って、一休みだそうです。

ご苦労様です~。<m(__)m>

DSC_0367 (640x425).jpg


大漁旗に四季島。

DSC_0371 (640x425).jpg


ここがペンギンさんの水族館。水族館らしくないな~。遊園地?お城も見えるし~。

DSC_0374 (640x425).jpg


登別の地獄谷です~。


DSC_0376 (640x425).jpg


太鼓の演奏をわれわれのためだけに、会場がセットされています~。

DSC_0383 (640x425).jpg


兄妹だそうです。とっても仲好さそうです~。演奏も迫力満点でした^。

DSC_0386 (640x425).jpg



ホームにお出迎えの鬼もいます~。

DSC_0389 (640x425).jpg


そして偶然ですが、この太鼓、石川県の白山市のものでした~。演奏者の妹さんは、1年間白山市の浅野太鼓に勤めていたそうです~。おお~、奇遇です~。ちょっと話で盛り上がりました~。


DSC_0390 (640x425).jpg



そして、今夜のお宿、滝の家です。立派な玄関です~。

DSC_0401 (640x425).jpg


北海道の四季島バスです。ちょっとグレードが落ちました~。

DSC_0402 (640x425).jpg


ウエルカムのお茶。

DSC_0406 (640x425).jpg


お部屋は、立派なお部屋でした。

DSC_0410 (640x425).jpg


寝室~。


DSC_0411 (640x425).jpg


リビング。

DSC_0412 (640x425).jpg


DSC_0413 (640x425).jpg


洗面。

DSC_0414 (640x425).jpg


お風呂。露天風呂であります。

DSC_0415 (640x425).jpg


食事室。凄い設備です。

DSC_0416 (640x425).jpg


お部屋の玄関ではなく、給仕専用のこの扉から給仕されます。

DSC_0417 (640x425).jpg


喫煙所兼ベランダ。木の扉の向こうは、露天風呂です。

DSC_0418 (640x425).jpg


あまり北海道とは、相性が良くないのか、、、。設備は立派なのですが、お料理は、、、、、、。

先付と前菜です。同時に出てきました~。

上段が先付で、真つぶ酒蒸し。

下段の前菜は、タコの湯引き、わさびな、アスパラサーモン巻、車エビ千草揚げ、寿司

DSC_0420 (640x425).jpg


鰈とヒラメのお作り、白身が2品?左手の黄色いもの、このつけだれは美味でした。醤油を泡立てたものです。美味。

お吸い物は、やはりぬるいです~。

DSC_0425 (640x425).jpg


ちょっと食べたのですが、十勝牛のローストです。ぬるい。焼いてから時間がたってます。ソースもいまいちでした。

DSC_0430 (640x425).jpg


最悪だったのが、妻君の注文した、焼きタラバです。ぬるいのでなく、冷たい。焼いてから何時間たっているのやら、、、なんともはや、、、、。

DSC_0432 (640x425).jpg


桜鱒木の芽焼き。知床鶏糀蒸し。普通です。

DSC_0435 (640x425).jpg


何かわかりませんが、味がしません。

DSC_0436 (640x425).jpg


最後のデザートは美味しかったです。

DSC_0439 (640x425).jpg


設備に問題もなく、お風呂もとっても良かっただけに、お食事のことだけは、看過できませんでした。


別に豪華なお食事を希望しているわけではないのですが、なんともはや、、、、。

熱いものが熱いまま出てくれば、これもごちそうなんですが、、、。大きくなり過ぎた旅館の宿命なのでしょうね。

四季島の車内のお料理は、とってもおいしいのに、なぜ北海道の地のお料理は、このようなことになるのか、単に私の口と相性が悪いだけかもしれません。


げんに、明日青森での夕食は、この旅で一番おいしい食事と、出会うことになるからです。!(^^)!


設備は整っているし、いい旅館だとは思いますが、いかんせん人が作るサービスに問題アリです。

仲居さんも少々癖のある方でした。それと唯一、この旅で、初めて飲み物の料金を旅館から請求されました。高々、ビールとお酒だけののですが、、、、、、これまで、朝(冨茂登)の食事の時でも、飲み物無料だったのに、この旅館は、有料でした。これはちょっと不合理な気がしました。


北海道は、期待値が高かっただけに、お食事が残念な結果になり、少々寂しかったです。


でも、四季島の旅は、快適なものです。もう少し宿や食事処の選択をうまくしてくれれば、もっと快適なものとなるように思います。

NO3に続きます。御拝読ありがとうございました。


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

TRAIN SUITE 四季島 乗車記 NO1 [TRAIN SUITE 四季島]

5月13日待ちに待った四季島の旅のために、新幹線で東京に出ます。

四季島の発車は、14日なのですが、瑞風の時の教訓から、前乗りします。

出発当日、北陸新幹線で東京へ向かいます。出発当日は、あいにくの雨でした~。息子に駅まで送ってもらい無事乗車。JR東日本が取ってくれた、ステーションホテルに宿泊。チェックインの手続きをしていると、ちょっと年配の支配人らしい方が、声をかけてくれました。「四季島にご乗車の○○様ですね。」この方が、お部屋まで案内してくれました。恐縮。!(^^)!お部屋は、ツインルームでした~。いつもながらにいい感じ。

 

DSC_0001 (4) (640x425).jpg

 

DSC_0001 (5) (640x425).jpg

 

DSC_0001 (7) (640x425).jpg

 

東京は、あいにくの雨ですので、ほとんどを東京駅周辺で過ごし、夕食は、大好物のシュウマイ弁当でした~。

翌朝は、ホテルにて朝食、相変わらずおいしい朝食バイキングでした。

  

いよいよ当日の朝、東京駅を出発、上野駅に到着です。上野駅構内には、いたるところに四季島のスタッフさんの姿が見えます。すぐに13番線まで案内していただきました。一周年の記念のオブジェの前で記念撮影。

 

DSC_0001 (9) (640x425).jpg

 

待合室でのひと時。室内は、京都の瑞風ラウンジより広いみたい。

 

DSC_0001 (10) (640x425).jpg

 

お茶菓子も立派な落雁です。四季島のエンブレムが、、、。

DSC_0001 (14) (640x425).jpg

 

駅長さんのご挨拶です。此の先、何人の駅長さんとお会いすこととなるのでしょうか。

DSC_0001 (18) (640x425).jpg

 

四季島が入線する所を見物します~。13番線です。

DSC_0001 (22) (640x425).jpg

 

なかなかいい色です~。窓も変わってます~。

DSC_0001 (24) (640x425).jpg

 

一番大きなマークの前で記念撮影です~。

DSC_0001 (27) (640x425).jpg

 

乗車予定の方々が、ホームに出てきました~。みなさん思い思いに、記念撮影してます。

DSC_0001 (30) (640x425).jpg

 

リアビューです。

DSC_0001 (33) (640x425).jpg

 

DSC_0001 (45) (640x425).jpg

 

しばらくラウンジにて、セレモニーがあり、一組ごとに車両に案内されます~。

ただ、不思議なことに、われわれはなかなか案内いされません~~。はて?私は202号室、、、。どう考えても一番最後はないだろうと思っていましたが、予感通り呼ばれたのは最終組でした~。ちょっと幸先が悪い感じがしましたが、その理由が後でわかりました~。!(^^)!

一寸怪訝な感じで、13.5番線を案内されます~・真っ暗の中を、我々だけがホームを歩きます。左手が四季島。

 

DSC_0001 (50) (640x425).jpg

 

5号車の前で、記念撮影。基本的に車両にはこの出入口しか利用できません。お世話になります。

DSC_0001 (52) (640x425).jpg

 

車内に入ると、ヴァイオリンの生演奏でお出迎えです~。少々気分があがってきました。最後もいいかな?

DSC_0001 (53) (640x425).jpg

 

そして、我々のお部屋、202号室です。

DSC_0001 (56) (640x425).jpg

 

そしてお部屋の説明を受けて、最後に窓のシェイドをクルーの方が明けると、ナント!ナント!外にお見送りの方が。

私の知り合いがいるはずもなく。最初は戸惑っていましたが、、、、。プレートを見て妻君が、、「タッチさんって、知ってる~?」「お見送りに来てくれているよ。」「え・え?」と私。え~~~~、タッチさん?うそ~~~もうびっくりです~。

 

手作りのプレートまで書いていただき、本当にびっくりと、ほんとうにうれしかったです~。この旅の一番のサプライズになりそうです~。感謝。感謝。でもなぜ私のお部屋まで知っているのか、、、。でも、でも「嬉いっ」「ありがとう~~~。」

 って、言っても聞こえないのですが。

DSC_0001 (58) (640x425).jpg

 

次の瞬間、出発のベルが鳴り、列車は、出発するのでした~。このために、我々が一番最後にお部屋に案内されたのだと、ここでようやくわかりました~。JRの方々にも感謝です~。

 

そのほかにも、列車の出発を関係者の方々がお見送りをしてくれています。大勢います~。

DSC_0001 (59) (640x425).jpg

 

DSC_0001 (61) (640x425).jpg

 

DSC_0001 (65) (640x425).jpg

 

出発後、担当のクルーの方がサービスしてくれたシャンパンで、さっそく乾杯です。良いたびになりますように。時刻は、お昼です~。これも非日常。

DSC_0001 (68) (640x425).jpg

 

お部屋の要旨です。なかなか凝った内装です。広さは、4畳くらいだと思います。ほぼ瑞風と同じくらいです。

DSC_0001 (70) (640x425).jpg

 

ソファーです。夜はベットとなります。

DSC_0001 (79) (640x425).jpg

 

お部屋は瑞風のように通路の壁は解放されません。完全個室式です。

DSC_0001 (71) (640x425).jpg

 

クローゼットと、金庫と冷蔵庫です。冷蔵庫は飲み放題、常に補充されます。ビール、お茶、ジュース、ミネラル水。

すべて無料です。右手一番下は、スーツケースが2個きちんと入ります。この辺は、瑞風より親切でした。

 

 DSC_0001 (72) (640x425).jpg

 

扉を閉じると、このようにすっきりとなります。なかなかいいです。

 

DSC_0001 (73) (640x425).jpg

 

 扉の向こうが、シャワーと洗面とトイレになります。

DSC_1041 (640x425).jpg

 

トイレです。ちゃんと洗浄トイレとなっています。ただ、水を流すと、プシューーーっと、すごい音がします~。

最初はびっくりしました~。

 

DSC_0001 (74) (640x425).jpg

 

洗面は、瑞風よりも少々狭いようです。

DSC_0001 (75) (640x425).jpg

 

その分、シャワー室は広く、瑞風のように節水を呼び掛ける文言はありませんでした。24時間使用できますと書いておりました。

DSC_0001 (78) (640x425).jpg

 

アメニティーは、きれいな箱にびっしりと、整頓されています。 

DSC_1039 (640x425).jpg

 

 車内を探検してみます。

先頭車両の通路、客車の落ち着いた雰囲気と違い、真っ赤です。ここは1号車。

 

DSC_0001 (80) (640x425).jpg

 

赤い通路の内側には、ハイブリッドの証明のディーゼルエンジンが収まっています。

作動時には、ものすごい音が響いています。でも、客車内には、ほとんど音がしません。

DSC_0181 (640x425).jpg

 

そして展望室内に入ると、真っ白です~。このコントラストはとっても面白かったです。

窓も変形窓で、面白いです~。

DSC_0001 (82) (640x425).jpg

 

 いつも車掌さんが展望室にいらっしゃいます。にこやかに色々と説明してくれます。展望室の窓は一種独特です~。

デザインはいいのですが、少々景色は見づらいです。それと、1車両の半分しかないので少々狭いです。

DSC_1003 (640x425).jpg

 

運転席です。瑞風のように外には出ることはできません。瑞風が特殊なのだと思います。

DSC_1001 (640x425).jpg

 

このベルが車内で聞こえたら、お食事の準備ができたとのお知らせです~。 

DSC_1028 (640x425).jpg

 

そんなわけで、乗り込んでしばらくして、さっそく第1日目の昼食です。車内での食事は、すべてにおいて満足のいくものです。このシェフとは、相性が良いのだと思います。車内で食べたものは、すべて美味しかったです。良かった~。

 

メープルサーモンと深谷ねぎのタルタルです。とっても美味。

DSC_1015 (640x425).jpg

 

 佐渡産タコのやわらか煮とジャガイモのガレット アイオリ風味。これもとってもおいしかったです

DSC_1017 (640x425).jpg

 

バターとオリーブオイル。

DSC_1016 (640x425).jpg

 

パンも焼きたての様な、アツアツでおいしいもの。

DSC_1020 (640x425).jpg

 

昼間っから赤ワイン。これも非日常。

DSC_1026 (640x425).jpg

 

氷室豚のロースト、エシャロットとバジルソース。

DSC_1025 (640x425).jpg

 

四季島ティラミスとソルベショコラ。これまた美味。とろけます~(*^^)v

DSC_1029 (640x425).jpg

 

コーヒーも文句なし、四季島ブレンドだそうです。お土産にしようと思いましたが、品薄で今は販売中止中。

また、このコーヒーカップとてもいい感じだったので、購入しようとしたのですが、お値段を見てあきらめました~。

ナント1客3万円弱、、、、。手が出ません。((+_+))

DSC_1033 (640x425).jpg

  

食事も終わり一服していると、最初の目的地、日光に到着です。 

DSC_0002 (640x425).jpg

 

四季島専用バスです。瑞風同様きれいな車両です。

DSC_0003 (640x425).jpg

 

DSC_0004 (640x425).jpg

 

オリンピック仕様のナンバープレートが付いていました。大型車にもあるんだ~。

DSC_0007 (640x425).jpg

 

当日はとっても良いお天気でした~。ここでもお出迎えです~。

DSC_0009 (640x425).jpg

 

クルーがガイド役で同行してくれます。

DSC_0010 (640x425).jpg

 

日光東照宮のNO2の方がお出迎えです。駐車場も一般車と違う関係者専用の駐車場まで直通でした。

DSC_0014 (640x425).jpg

 

立派な五重塔。

DSC_0021 (640x425).jpg

 

 有名なおサルさん。

DSC_0034 (640x425).jpg

 

DSC_0039 (640x425).jpg

 

DSC_0049 (640x425).jpg

 

大変な混雑です。外人が多いのでびっくり。

DSC_0058 (640x425).jpg

 

よく見る陽明門。お化粧が終わり、とても鮮やかです~。

DSC_0061 (640x425).jpg

 

一般には公開されていない収蔵庫に、特別拝観です。

DSC_0064 (640x425).jpg

 

DSC_0065 (640x425).jpg

 

中には、装束一式が陳列されていました。

DSC_0072 (640x425).jpg

 

DSC_0073 (640x425).jpg

 何度見てもきれいです。

DSC_0078 (640x425).jpg

 

DSC_0089 (640x425).jpg

 

立派な龍です。

DSC_0093 (640x425).jpg

 

DSC_0099 (640x425).jpg

 

こちらはまだ改修中

DSC_0102 (640x425).jpg

 

そして、いよいよお参りですが、ここからは写真撮影禁止です。

DSC_0104 (640x425).jpg

 

拝は、滞りなく終了しましたが、一番最前列で、神様の真ん前で、お祓いを受けるという特別感はすごかったです。二度とない経験をしました。何よりも通常入れない祭壇の際までのところの参拝でしたので身が引き締まりました。

帰りの道中も、一般の方とは違う通路からバスまで戻りました。

 

そして、最後に参拝の記念品が、今回から出来上がった、24Kの金杯を頂くことになりました~。(ラッキー)

我が家の家宝になりそう。

 

 

 日光駅です。

DSC_0106 (640x425).jpg

 

ここにもが。

DSC_0108 (640x425).jpg

 

DSC_0118 (640x425).jpg

 

四季島が待っています。

DSC_0113 (640x425).jpg

 

四季島の廊下は、瑞風より少々狭い感じです。

DSC_0124 (640x425).jpg

 

DSC_0125 (640x425).jpg

 

ラウンジで、一服です。飲み物、食べ物すべて無料です。

DSC_0126 (640x425).jpg

 

 ダイニングカーで、夕食です。各部屋2回に分かれて食事をします。ちょっと段差があって、いい感じです~。

 DSC_0127 (640x425).jpg

 

 なかなか良い雰囲気です。 

 DSC_0129 (640x425).jpg

 

ワインをいただきます。

DSC_0130 (640x425).jpg

 

お~、四季島のロゴとっても重厚なものです。

DSC_0132 (640x425).jpg

 

白い皿が生えます。

四季島特性ビシソワーズのムース雲丹添え。クリーミーでとっても美味。

DSC_0135 (640x425).jpg

 

車内の天井も凝っています。

DSC_0140 (640x425).jpg

 

穴子のフロット 大西ハーブのサラダと共に黒ニンニクのヴィネグレット。難しい名前ですが、穴子の唐揚げニンニク風味といったところでしょうか。揚げたてを運んでくれて、とってもおいしいものです。

DSC_0142 (640x425).jpg

 

このパンも焼きたてのようです。

DSC_0147 (640x425).jpg

 

山形県産舟形マッシュルームのクリームスープ、カプチーノ風。このスープもおいしかったです。

DSC_0148 (640x425).jpg

 ちょっと変わった容器です。

DSC_0150 (640x425).jpg

 

ワインに氷を、、、、。邪道ですが、私この方が美味しいもので、、、、。スミマセン。

DSC_0151 (640x425).jpg

 

夕暮れがきれいです。

DSC_0153 (640x425).jpg

 

柔らかく蒸し揚げたアワビのポワレ。クレソンのクーリソース?クーリはわかりませんでした~。アワビはあくまでも柔らかく、、、。とってもおいしいです。

DSC_0158 (640x425).jpg

 

漢方和牛のロースト・ゴルゴンゾーラ風味。なんともいい香りのお肉でした~。

DSC_0161 (640x425).jpg

 

デザートです。ラズベリーのムースとライチのジュレ。ジャージーヨーグルトのソルベ。

DSC_0163 (640x425).jpg

 

 例のコーヒーカップ。お持ち帰りしたいくらいです~。

DSC_0165 (640x425).jpg

 

この最後の小菓子とあるもの、見た目よりとってもおいしいもので、マカロンに至っては、今まで食べたものの中で一番おいしかったです。

DSC_0170 (640x425).jpg

 

そして食事の後には、ミニコンサート、お出迎えしてくれた方々の演奏を堪能して、夜は更けていきました。

 DSC_0179 (640x425).jpg

 

 食事も終わり、今日は、列車内にて、就寝となります。お部屋に戻ると、ソファーが、ベッドに早変わりです。瑞風と変わりなくなかなか快適なベットです。線路の状態が違うので、なんとも言えませんが、瑞風よりも揺れは少ないように感じました。熟睡できました。

DSC_0752 (640x425).jpg

 

四季島の第一日目の旅は、あっという間に過ぎ去りました。スケジュールも満載で、ボーっとしている暇はありません。これは、瑞風も同じでしたが、退屈な時間を過ごすことがないのは、とってもいいものです。しかも、至れり尽くせりな対応で、少々のことは気になりませんでした。

朝目覚めるとそこは北海道の予定です。NO2に続きます。御拝読ありがとうございました。

 


nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

TRAIN SUITE 四季島 (序章) [TRAIN SUITE 四季島]

2月の「ななつ星」は、妻君の骨折というアクシデントでキャンセルになりました。

これは、これで仕方のないことです。何か流れが悪かったのです。大雪もあり、こういうこともあります~。でも、もうすぐ、楽しみにしていた「四季島」の旅が近づいてきました~。(*^^)v


5月の中旬出発いたします。瑞風の時の教訓から、前乗りをすることにしています。JR東日本の方で、宿を手配してくれました。東京ステーションホテルを取ってくれた模様です。もちろんこれは旅行代金には含まれておりません。でも、一休などで予約するよりも廉価で手配してくれています。

そのほかにも、オプションでハイヤーでの送迎などありましたが、目が飛び出るような価格設定でしたので、当然我々は、山手線で上野に出向く予定です。


これまでいろいろと資料やお電話がありましたが、いよいよ最終の書類を発送したとの連絡をいただき、待ち構えていると、宅急便で届くとのこと。「はて?瑞風の時も、ななつ星の時も、郵便で届いていたのに、封書でしょ?何となくなんで宅急便?」とても不思議でした~。

でも、届いてみて納得というより、びっくりです~。こんなに大きな荷物。しかも、「われもの?・はて?書類でしょ?われものって。。。」なんとも不思議なものが届きました~。縦30センチ横40センチ厚さ10センチほどの真緑の荷物です~。かなり重いです~。何が入っているのでしょう、、、。


IMGP0001 (640x480).jpg


IMGP0014 (640x480).jpg


なるほど、これは、われものです~。研ぎ出しのような漆器です~。製造元は青森となっています。津軽漆器とでも呼ぶのでしょうか?詳しいことはわかりませんが、、、。かなり重厚なも文箱のような物です~。

IMGP0003 (640x480).jpg


中には、日程表、ネームタグ、送り状、それにあいさつ文と、在来線の入場券。ぎっしりと詰まっています。

IMGP0002 (640x480).jpg


記念品のネームタグです。かなり豪華です。

IMGP0004 (640x480).jpg


中には、記念品と書かれて、緑色のタグがあります。どこに使うのかな?

IMGP0012 (640x480).jpg


名前も彫られています。

IMGP0011 (640x480).jpg


宅配便の送り状。このサービスは、どこも一緒みたいです~。車両まで、届けてくれるので、楽です~。帰りも車両においておけば、自宅に配送してもらえます~。

IMGP0006 (640x480).jpg


大きなバックにつける赤色のネームタグ。これも皆同じです。車両番号とお部屋番号、そして名前が記入されています。

IMGP0007 (640x480).jpg


入場券らしきもの。なぜかわかりませんが、スイカなどのIC系の乗車券は、使えないそうで、四季島のラウンジには、添付の乗車券で来るようにと注意書きがありました。こんなことは、初めてです~。なぜなんでしょう?

IMGP0019 (640x480).jpg


日程表や行動表。

IMGP0021 (640x480).jpg


細かく表示。旅が楽しみになります~。

IMGP0022 (640x480).jpg


何から何まで豪華です。表紙まで豪華なもので、こんな豪華な表紙は初めてです~。

IMGP0005 (640x480).jpg


大事にしまいこみました。

IMGP0023 (640x480).jpg


挨拶状まで豪華。

IMGP0009 (640x480).jpg


おまけの招待券。うれしいのですが、この招待券は、われわれの帰ってきた翌日からのもので、われわれには利用価値がありません。なぜなら、われわれは、夕方の新幹線で帰路に就くからです~。

IMGP0010 (640x480).jpg


あと2週間ほどで、始まるたびが楽しみです。

前回のようなことの無いよう、祈るばかりです。

次回のUPは、四季島の旅の様子になると思います。

御拝読ありがとうございました。







nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

割烹 椀 [日常の外食]

さて、孫が生まれて、三か月が過ぎようとしております。

息子夫婦は、子育てに一生懸命で、ほとんど外食にもいかず、頑張っています。

外食しようにも、小さな子供ずれには、大変厳しいものがあると思います。周りの人にご迷惑がかかると思うと、なかなか難しいものです。

そこで、行きつけのお店に聞いてみることに。私の親の時代からのお付き合いのある、「椀」さんに聞いてみることに。

「あの~、生後三か月の子供を連れて、うかがってもよいですか?」と、妻君。「はい、全然大丈夫ですよ。」と、椀さん。

やった~。予約できました~。

今回は、初めての家族5人での外食となりました~。椀さんの奥様の第一声は、「わー、かわいい。」お世辞と解っていてもうれしいものです~。

椀さんも、「これで、親子4代のごひいきを頂き、ありがとうございます。」と,しいうれしいお言葉を頂きました。

お孫ちゃんもご満悦。

IMG_1196 (480x640).jpg


先ずは私の大好物の、鯛のあらだき。メニューにはない、特別料理です。私が出汁の昆布まで、食べるので、家族からは顰蹙ものです~。(;一_一)

こってりとした甘辛で、これ以上はないお味です。お祝いの熨斗も付けていただき感謝です~。

IMG_1191 (640x480).jpg


お作りです。鯛と、さよりです。ここのお刺身を食べると、他ではなかなか食べられません。

IMG_1200 (640x480).jpg


サヨリの骨のから揚げです。これもお酒に合います~。

IMG_1201 (640x480).jpg


そして、名物のシンジョのお吸い物。絶品です。こればかりは、かわせみのシンジョもかないません。

IMG_1205 (640x480).jpg


そして、アユの塩焼き。ですが、塩だけでなく、何か下味が施してあります。何かは不明です。頭からしっぽまで、丸かじりできます。

IMG_1211 (640x480).jpg


一時間を過ぎて、少し飽きてきたのか、ぐずりだしました~。父親が一番みたいなので、あやしてます~。

IMG_1214 (640x480).jpg


そして、いつもと違って、洋皿がもう一つ。グラタンです~。これもまたおいしいです~。割烹で、グラタンとお思いでしょうが、マスターは、洋食料理から今の和食に移ったそうです。

タケノコを、グラタンにつけて食べると最高です。

IMG_1217 (640x480).jpg

そしていつものヒレステーキ。ここまで来ると満腹です~。

IMG_1221 (640x480).jpg


そして、今が旬のタケノコご飯です~。金沢のタケノコは、朝掘りであれば、ゆがく必要はありません。あくがないのです~

IMG_1225 (640x480).jpg


そして奥様手作りのデザートです。いつもながら美味。

IMG_1228 (640x480).jpg


ひと泣きしたら落ち着いて、妻君の膝でご満悦です。いまは、猫バスがお気に入りみたいです~。

IMG_1236 (640x480).jpg


入店から、帰るまで、ほかのお客さんが、来ることはありませんでした。

多分ですが、われわれのために、貸切にしてくれたのだろうと思います。この気遣いがたまりません。

お気遣いに、感謝しきりでした。早く、お孫ちゃんも椀さんのお食事ができるといいな~、と思っています。

ちなみに、5月の連休中に「お食い初め」をする予定です。






nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

足の湯治に、かわせみへ。 [かわせみ]

妻君の足の湯治がてら、3月の特選料理が食べたくて、かわせみに行ってきました。
なんだか2月は、設備改装中で休館してました~。何が変わったのだろう?
結果的には、小萩がベット使用になったみたいで、そのほかは、空調関係の改修らしくて、お部屋に関しては、あまり変化がありませんでした。ただし、ロビーが大きく変わりました、ソファーが変わり、床も変わりました。
お茶菓子が変わっていました~。葛です~。
IMG_1071 (640x480).jpg
紫苑のお部屋、今までに一番たくさん泊まった部屋かな?全く変化ないです~。
IMG_1074 (640x480).jpg
今まで気にならなかった、WI-FIのパスワード。スマホに変えたので、気になります~。IMG_1076 (640x480).jpg
水屋も少々変化が、、、。コーヒーのセットがありました~。
IMG_1077 (640x480).jpg
久しぶりのカワセミのお食事です。細かいところが変わっています。お膳のテーブルクロスの色合いが変わりました~。IMG_1080 (640x480).jpg
お品書きは、同じです~。
IMG_1082 (640x480).jpg
さてまずは、前菜。アスパラのクリーム掛けと食前酒。ン、いつもながらいい感じ。
IMG_1087 (640x480).jpg
今回のお酒は、妻君は定番の生ビール。私は最近は待っているハイボールです~。
IMG_1090 (480x640).jpg
IMG_1089 (480x640).jpg
ホタテの胡麻和え。
IMG_1091 (480x640).jpg
次は、椀物。きれいなお椀です。
IMG_1093 (480x640).jpg
アマダイのお吸い物。金沢のほうでは、アマダイのことをグジといいます。
IMG_1095 (480x640).jpg
そして、3月といえば、ひな祭りの盛り合わせ。3回目にお目にかかる容器です。
みての通り、菱餅をかたどっています~。今月の特選料理のいいのですが、之もまた最高です。
IMG_1097 (480x640).jpg
段を崩すと、この通り、なんともバラエティに富んでいます~。
内訳は、あまり覚えていませんが、どれもこれもおいしいの一言です~。
IMG_1098 (640x480).jpg
お作りは、2種類です。先ずはマグロ。
IMG_1105 (640x480).jpg
そしてサヨリです。
IMG_1106 (640x480).jpg
そして今月の特選。これを食べに来ました~。見たことのない大きなハマグリと雲丹です。
器もすごいです。そして、宿泊プランの雲丹増量の雲丹です。おお~結構な量です~。
IMG_1111 (640x480).jpg
口休めの、キャラメルシャーベット。とっても美味
IMG_1113 (640x480).jpg
鮎魚女?(たぶんアイナメ)かな?これも美味。
IMG_1114 (640x480).jpg
そしてお食事となります。以前は、食事が最後に出て、おかずがほしいな~。と思っていましたが、いまは、最後に、ステーキが一緒に出てくるので、大変満足しております。
IMG_1118 (640x480).jpg
最後にでざーどです。最後まで、きれいに完食です。最近食欲が出てきて、困っています~。
残さなければならないのに、、、、。少々太ってきました~。私の気持ちを察してか、お夜食は出てきませんでした~。
そして、朝食です。お釜御飯です~。
IMG_1128 (480x640).jpg
いつもながら、朝食も隙がないです~。好き嫌いはあるかもしれませんが、ほんときれいです。
IMG_1129 (640x480).jpg
IMG_1130 (640x480).jpg
 
法場味噌も美味
IMG_1131 (640x480).jpg
しじみの味噌汁
IMG_1132 (640x480).jpg
海苔箱、以前は、木の無垢でしたが、そうも塗りに出したみたいです~。これもまた趣があります~。
IMG_1134 (640x480).jpg
デザートも2品。みかん、食べちゃいました~。
IMG_1135 (480x640).jpg
大好物のお汁粉。これが一番おいしい。
IMG_1136 (480x640).jpg
そして最後にコーヒー。
IMG_1137 (640x480).jpg
今回は、ななつ星がキャンセルだったので、かわせみで、げんなおしです~。
5月には、四季島の予定が迫っています。ななつ星の二の舞にならないよう頑張ります~。
次のの更新は、明日行く、椀さんのお食事になると思います。
御拝読ありがとうございました。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ご無沙汰しております。 [トピックス]

大変ご無沙汰しておりました。

今年に入って、今までに経験したことがないほどの喜びと、心配と、疲労と、困惑を経験いたしました~。

新年もあけて、いよいよ初孫が生まれる期待で新年を迎えました~。

驚くことに、出産予定日ぴったりに無事に生まれてくれました~。何とお利口さんです~。

かわいい女の子でした~。,わが子が3.600グラムでしたので、2700グラムは少し小さく感じましたが、元気なかわいい子です~。!(^^)!(じじばかです。)

iphon 076 (480x640).jpg


家族総出で初めての出産でした~。びっくりしたのは、息子がこんなに子煩悩だとは、まったく知りませんでした~。なんだか兄弟を作ってあげられなかったことに、。少々申し訳なく思いました。<m(__)m>

我が家にとって、久々の女の子です~。妻君も大変喜んでました~。

病院では、お嫁さんも元気そうで、ほっと一安心です~。

iphon 083 (480x640).jpg

しかしながら、この後予想だにしなかった事態が、、、、。何とお孫ちゃんが、緊急入院。

お嫁さんのご両親のおうちにいるときに、爆泣きし始めて、おさまらないのです。

急遽、当番医に搬送して頂いたのですが、診断結果は、鼠径ヘルニアとのこと。

お医者さんによれば、乳児には20人に1人の病気だそうで、手術すれば大丈夫とのこと。

でも、手術といっても、まだ1ヵ月の小さな体にメスを入れるのはどうなのか、、、、。((+_+))

それに手術できる病院は、満杯で順番待ちみたいでして、、、、。困った~。

でも、緊急性が優先されたみたいで、入院3日後には、手術できました~。完治!(^^)!

良かったです~。術後の検査も完治しておりますのお墨付きでした~。よかったよかった~。(*^。^*)

そんな事でてんやわんやの1月もすぎ、2月。

いよいよ「ななつ星」の乗車日が近づいてきました~。ワクワク。

ところが、、、、。56豪雪以来の雪が襲ってきました~。

一晩で、50センチ積もった日もありました~。道路は、いたるところで寸断され、立ち往生の車も多数。融雪装置では、融雪が追い付かず、片側2車線が1車線やっとの通行しかできない日が、数日続きました。

あまりのことで、一番積もった時の写真はありませんが、ピーク時の雪の量は、下記の写真の5倍はありました~。

幸い、我が家には、一昨年購入した除雪機がありましたので、事なきを得ましたが、例年2.3回の除雪で済むところ、今年は、10回以上の除雪作業を強いられました~腰も腕もパンパンです。(;一_一)。

iphon 354 (480x640).jpg


除雪作業の後はごらんのとおりです~。きれいになりました~。除雪機さまさまです~。

iphon 359 (480x640).jpg

これは終盤の写真ですので、大したことありませんがピーク時は本当にすごかったです~。あまりの豪雪に写真も忘れて、雪かきの一週間でした。

この雪のおかげで、「ななつ星」への宅配荷物を郵便局が、取りにこれないという連絡がありました。まあ荷物は、自分で持っていくことにしたのですが、もっと問題が、、、。

北陸線が全く動かないのです~。全面運休。雪のためです~。困った~~~~。(;一_一)

仕方ないので、この豪雪でも定時運行している北陸新幹線で、東京まで出て、前前泊して、大阪まで出ようと決断して、切符の変更をしました~。大阪で一泊。博多で一泊。これで、「ななつ星」に乗れる~。と一安心したところで、またまた事件が、、、。

妻君が、「買い物に行ってきます~。」。「ん?なんだか胸騒ぎが、、、。」するとしばらくして帰ってきて、「ごめんね~。」と妻君。「どうしたの?」と私。「足をひねったみたい。」。「え?」「お医者さん行ってくる。」と、そそくさと出ていきました。しばらくして心配になり、歩いても1分かからない整形外科に車で迎えに行くと、妻君から、「ごめんね。骨折したみたい」と、、、、。「え~~~~~」と絶句。「キャンセルもったいないから私行く。」と妻君ですが、とても歩ける状態ではありません。なにせ、ななつ星は、申請している人以外には、変更ができないのです~。見る見るうちに足はパンパンに腫れてきてますし、満足に歩くこともできなくなってきています。もちろん車いすなどの対応はしてもらえることでしたが、決して楽しいたびでなくなるので、泣く泣く、結局キャンセルしました~。キャンセル料も多額でしたが、妻君の様態には代えられません。

なんやかんやありましたが、骨折もいまだに治療中ですが、何とか今は歩いてます~。ちょっと安心。

また、お孫ちゃんも今はとっても元気に泣いてます~。(*^。^*)息子が赤ちゃんの時は、鳴き声が気になったものですが、孫の場合は、これが泣いても気になりません~~。(じじバカです。)


そして3月ひな祭り~~~~。息子の友人である、パティスリーonoさんのご主人特製のお雛様ケーキです~。この世で1台だけです~。孫のためだけに作ってくれました~。チョコレートの台のところは、上から見るとハートの形になっています。とってもとってもおいしいです~。

onoさんに感謝。

iphon 451 (480x640).jpg


そして記念撮影。よく寝てます~。初節句。妻君作成のお雛様飾りと、お嫁さんのご両親持参の桃の花と金果糖などで、お祝いです~。よく寝てます~。(*^。^*)

iphon 368 (480x640).jpg



そして、息子のお気に入りのリラックマの洋服。ンいいね~(p_-)オ、こっち見てる。!(^^)!

毎日を見ているのですが、毎日変わってきています。この先、どのように変化してゆくか、楽しみでもあります。

iphon 590 (480x640).jpg


そして、繁忙期無事終了の打ち上げと、お孫ちゃんの快気祝いを兼ねて、牡蠣なべの店「みふく」にて、お嫁さんのご両親と弟さんとそのフィアンセで、食事会。

iphon 614 (480x640).jpg


こんなに元気になりました~。

食事中もとってもお利口さんで、一度も泣かずにお母さんとお父さんの膝の上で、ご機嫌さんにしていました~。仲居さんもびっくりしてました~。

とっても元気で、お利口さんのOOちゃん。これからも元気でね。


次の更新は、妻君の療養がてら、改装されたかわせみ編の予定です。

お食事の紹介だけですが、今必死に作成中です。

今年1月に、遅ればせながらiphoneに変えたので、このカメラで撮ってきました。

ただ、PCへのDLが出来なく苦労しております。でき次第UPします~。


ではまた。

ご覧いただきありがとうございました。


 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

トワイライトエクスプレス瑞風 乗車記④ [トワイライトエクスプレス瑞風]

この旅の最後の夕食時間です~。明日は、夕食がないので。

瑞風の杯。

みずかぜ1 (46).jpg



こんばんは、生ビールで開始です。

みずかぜ1 (48).jpg


最初の八寸です~。きれいな器です。

みずかぜ1 (49).jpg


ふたを開けると、なんともきれいに配置されています。お味もまずまずです。朝食も同じお店の監修なのに、どうして、、、。

みずかぜ1 (50).jpg


次にやってきたのは、大きな器。なんだろう?

みずかぜ1 (51).jpg


なんと、お刺身です~。でも、、、、。何で8種類も?ちょっと多すぎません?う~~~~ん。お刺身は大好きですが、これだけあると、、、、、、。半分以上残しました~。

みずかぜ1 (52).jpg


次はステーキです。和食にステーキ?お肉はとっても良いお肉で、申し分ありません。でも、この黄色いソースが、、、、、。なんだか香りが強すぎて、お肉を殺しています~。結局ソースなしで完食しました~。

みずかぜ1 (53).jpg


そして最後は、しゃぶしゃぶです~。瑞風のために開発された、列車内でも絶対にこぼれないお鍋です~(どこかのテレビで、開発の特集をやっていました~。)。

みずかぜ1 (54).jpg


材料は、すごく豪華で、はも、マツタケ、湯葉、あわふ、などで、いいのですが、つけだれが、ゆずのたれだったのですが、苦くて食べられませんでした~。やはり、ここのお店とは私が相性が悪いみたいです~。

みずかぜ1 (55).jpg


デザートのフルーツはとっても美味。これは、完食しました~。


みずかぜ1 (56).jpg


食事の後は、ヴァイオリンとビオラの生演奏を楽しみました。

みずかぜ1 (57).jpg


一回目の1号車は、私たち夫婦ともう一人の3名のお客さんのために演奏してくれました~。

みずかぜ1 (58).jpg


夜もバーテンダーさんが、、、、、。お休みは?ご苦労様です~。

みずかぜ1 (59).jpg


米子駅では、30分の停車と歓迎が。お土産を買って、夜風にあたっていました~。

みずかぜ1 (60).jpg


やっと先頭車両を見ることができました~。

みずかぜ1 (61).jpg


この日は、22時から翌朝の5時まで駅に停車していました~。揺れもなく快適に熟睡しております。車両のドアは、完全にロックされているみたいです。

みずかぜ1 (62).jpg


3回目の演奏は、5号車で。今度はたくさんのお客さんです。椅子は満席です。

みずかぜ1 (63).jpg


みずかぜ1 (64).jpg


なんともいい感じ。

みずかぜ1 (65).jpg


夜が明けて、最終日です~今日で夢の生活が終わります~。東浜駅に到着です。東浜?知らない土地ですが、今までは、無人駅だったそうです~。瑞風が停車するということで、駅を一大改装したそうです。天井が鏡張りで、立派な駅舎になっています。

瑞風202 (1).jpg


ここでも園児たちと、町の皆さんがお出迎えです。本当にご苦労様です~。<m(__)m>


瑞風202 (2).jpg


また、婦人会の皆さんの歓迎の踊りが始まりました~。

瑞風202 (3).jpg


みなさんご苦労様です~。<m(__)m>

瑞風202 (4).jpg


列車のスタッフも総出でお見送りです~。

瑞風202 (5).jpg


瑞風202 (6).jpg


これから、砂の美術館と、鳥取砂丘に行きます。


瑞風202 (7).jpg

 


瑞風202 (8).jpg


その前に、スタッフの皆さんと記念撮影。

瑞風202 (9).jpg


東浜の海水浴場です~。とってもきれいで、穏やかな海です~。日本海とは思えないほどです。孫ができたら、ドライブで来ようかな。

瑞風202 (10).jpg


砂の美術館に到着。

瑞風202 (11).jpg


瑞風202 (12).jpg


あまり時間がなかったので、駆け足で見学。

瑞風202 (13).jpg


鳥取砂丘です。

瑞風202 (14).jpg


以前にも来ていたので、私たちはゆっくりとバスにいました~。瑞風バスは快適です~。

瑞風202 (15).jpg


瑞風202 (16).jpg


そして、昼食。東浜駅に瑞風が停車するのが決まり、同時に、このレストランも開業だそうです。駅とは目と鼻の先です~。

瑞風202 (17).jpg


本格的な窯があります~。

瑞風202 (18).jpg


イカ墨と、烏賊のリゾット。お皿の右下の烏賊作り物ののリゾットなのです。細かい細工がしてあり、お味も文句なし。とってもおいしいです~。

瑞風202 (20).jpg


眺めも最高です。お天気も最高なのです~。

瑞風202 (19).jpg


自家製のホカッチャとパン。これまた美味。真中は、自家製のバターです。これもいい。

瑞風202 (21).jpg


そして、これはなんでしょう?正解は、お手拭です~~~~。(*^^)v

瑞風202 (22).jpg


自家製手打ちパスタ。今まで食べたことのない食感。とってもおいしかったです。

瑞風202 (23).jpg


スズキのソテー。これもおいしい。


瑞風202 (24).jpg


自家製のプリンです。濃厚でいい味です。

瑞風202 (25).jpg


コーヒーも文句なし。ここのお料理、どれもこれも文句なしです。近くにあったら周一通いそうです。

最後の食事は、大変満足のいくものとなりました。瑞風の最後の食事となるにふさわしいものです。

町が、一大テコ入れした意気込みが、食事も現れています。

瑞風202 (26).jpg


食事が終わって、駅には瑞風が止まっています~。

瑞風202 (27).jpg


近いのですがバスで駅まで。

瑞風202 (28).jpg


いつも通りセッティングされています。

瑞風202 (29).jpg


到着すると、町の皆さんが待っていて、もう一踊りしてくれました~。本当に申し訳ないです~。

町の方々総出のおもてなしです~。感謝感謝です。

瑞風202 (30).jpg


スタッフもお出迎えです。お世話になりました~。<m(__)m>

瑞風202 (31).jpg


コンパートメント壁を除いた様子です。一路京都を目指して走っています。車窓もこれで見納めになります。


瑞風202 (32).jpg

 


14時頃、お茶と、ケーキが出てきました~。いよいよエンディングです。最後のティータイムです。

とっても豪華で、すべて美味です。完食いたしました。

瑞風202 (34).jpg

 
お世話になった瑞風。また乗ることはあるのだろうか?本当に良い経験をさせてもらいました。このお値段に当初は、驚きましたが、この特別な感覚は、今までに経験できなかったものです。一生の思い出となるような気がします。荷物は、すべてお部屋の残したままで、家まで送ってくれます~。翌日夕方には到着いたしました。何から何まで、行き届いたサービスです。感謝。<m(__)m>


2017年10月25日~27日瑞風 027 (640x425).jpg


楽しかった時間は、あっという間に過ぎます。私としては、大満足な旅でした。大変高額な旅ですが、決して損した気分ではありません。お食事は、個々の好みがあり、一概に述べることはできませんが、私は、京都料理店監修の和食を除いて、大変おいしかったとおもいます。


高額料金は、特別感を良しとする方には、とっても満足な旅だと思います。通常の生活から切り離された感覚は、なんとも言えません。その証拠に、瑞風のお部屋の中には、時計がありません。また、ホテルでは定番の新聞のサービスもなく、テレビもありません。


全く日常を感じさせない2泊3日なのです。この感覚はほかの旅では味わえません。

良い経験をしました。機会があればまた乗車したいものです。




nice!(2)  コメント(27) 
共通テーマ:旅行

トワイライトエクスプレス瑞風 乗車記③ [トワイライトエクスプレス瑞風]


さて、旅もいよいよメインの観光となります。本日は列車を後に、8時間余りバスでの観光です。

1号車の展望室からの眺めです。1号車と10号車、同じ展望先頭車両ですが、微妙に座席の配列が異なっております。


みずかぜ1 (11).jpg


ぼーっと風景を眺めるのもよいものです~。

みずかぜ1 (12).jpg


バーテンさんは、いつもいらっしゃいます~。いつ休むのかな?ご苦労様です~。<m(__)m>

列車から降りるときは、降車の15分前くらいに5号車に全員集合して、5号車からJRスタッフの先導のもと、降車します。せっかちな私はいつも先頭になってしまいます~。(;一_一)

みずかぜ1 (13).jpg


宍道駅に到着です。お神楽の方々、後程登場しますが、駅までお出迎えです~。

みずかぜ1 (14).jpg


ここでも、幼稚園児のお出迎えです~。町の皆さんも総出でお出迎えしてくれてます~。

みずかぜ1 (15).jpg



瑞風と専用バスのコラボです~。ここでしかこのアングルの時はありません。10分ほどしか瑞風は、停車していません。なぜなら単線ですので、通常運航の列車の邪魔になりますので、間もなく出発です~。われわれの観光が終わるころに戻ってきます~。


みずかぜ1 (16).jpg


町の方々が総出で出迎えてくれました~。感謝。

みずかぜ1 (17).jpg


バスで出発時もお見送りです~。ありがとうございました~。

みずかぜ1 (18).jpg


菅谷たたらばです~。かなりの山中です~。バス一台がやっとの道です~。この建物が、「もののけ姫」に出てくる、たたらばのモデルだそうです~。

みずかぜ1 (19).jpg


みずかぜ1 (20).jpg


みずかぜ1 (21).jpg


みずかぜ1 (22).jpg


運転手さんたちです~。お二人とも運転が大変上手でした~。広島からきているみたいで、岡山で我々を下してから、ここ宍道駅まで、回送してきてくれています~。お疲れ様です~。

みずかぜ1 (23).jpg


たたらを後にします。町ではこの期に観光地にしたいそうです。

みずかぜ1 (24).jpg


お昼は、小さなワイナリー「茅葺の家」で、昼食です。地元のお母さんが作る郷土料理をいただきます。

みずかぜ1 (25).jpg


普段は、バイキング形式ですが、われわれはお皿でいただきます。もちろんお替り自由で飲み放題です。


みずかぜ1 (26).jpg


この煮物が一番おいしかったです~。

みずかぜ1 (27).jpg


これも手作り豆腐です。

みずかぜ1 (28).jpg


お漬物も美味。

みずかぜ1 (29).jpg


ワイナリーですので、ワインを飲みました~。家内は、シャンパンです~。またまた昼からお酒です~。おしかったので、お代わりしてしまいました~。販売もしているのですが、その場にはなくて、インターネットで注文してくださいとのことでした~。これはちょっと問題です~。やはりその場で販売したほうが、たくさん売れると思います~。その場で売っていたら、私は5本は買っていたけど、帰ってきてしまったら、いまだに買っていませんもの、、、、。改善の余地があります~。

みずかぜ1 (30).jpg


美しいワイナリーを後にします。

みずかぜ1 (31).jpg


次の訪問地は須我神社と出雲神楽の鑑賞です。ヤマタノオロチ退治を鑑賞します。よく知っているお話です~。雅楽は4名。とっても上手でした~。

みずかぜ1 (32).jpg


目の前での踊り、迫力満点です。お話の内容がほぼわかっているので、大変楽しく観覧できました。

みずかぜ1 (33).jpg


ヤマタノオロチです~。

みずかぜ1 (34).jpg


対決のシーン。なかなかの迫力です。

みずかぜ1 (35).jpg


隣接する、須我神社に参拝です(この場所が、すがすがしい場所であることで命名したらしいです。)。スサノオノミコトがお作りになった、日本最古の神社だそうです。安産にご利益があるとのことで、妊娠中のお嫁さんのためにお守りを購入しました~。(*^。^*)

みずかぜ1 (36).jpg


小さな神社ですが、とってもいい感じです~。

みずかぜ1 (37).jpg


最後に神楽の方々と記念撮影

みずかぜ1 (38).jpg


そのあとバスにて移動。松江城に来ました~。松江にある、明々庵に来ました~。ふまい公の茶室を観覧します。

みずかぜ1 (39).jpg


昔のままのお城の風景が見える場所です。

みずかぜ1 (40).jpg


瑞風のお客さん用に新開発のお菓子。市販はしていないそうです。

みずかぜ1 (41).jpg


これまた、瑞風用のお茶碗だそうで、これでおうすをいただきました~。

みずかぜ1 (42).jpg


ふまい公の茶室です~。ガイドさんの説明があります。

みずかぜ1 (43).jpg


休憩をはさんで、列車に戻しました~。これからは食事でゆっくりと自室でくつろぎます。

この夕焼けを見るために、瑞風は、宍道駅と松江駅の間の単線を、行ったり来たりして時間調整してます。夕焼けを何とか見せようとしているようです。このサービス精神は立派です。

みずかぜ1 (44).jpg


夕焼けが迫ってきています。あいにく写真技術が不足しており、逆光の撮影がうまくいきませんで、この程度です。実際の夕焼けは、もっともっときれいでした~。((+_+))

みずかぜ1 (45).jpg


旅も終盤です。楽しい時間はすぐに経過してしまいます。2泊目の夜が近づきます。

いよいよ最終日。NO④最終回に続きます。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

トワイライトエクスプレス瑞風 乗車記② [トワイライトエクスプレス瑞風]


無事岡山に到着後、後楽園観光です。

台風一過、晴天が続いております。JRの方の話では、先週も先々週も雨だったそうで、私たちはラッキーです~。(*^^)v


mizukaze (31) (640x425).jpg


後楽園です~。おお~~~、きれいです~。

mizukaze (32) (640x425).jpg


一般公開されていない建物だそうです。特別拝観できるそうです。

mizukaze (33) (640x425).jpg


能舞台です。

mizukaze (34) (640x425).jpg


昔お殿様がご覧になっていた風景だそうです。

mizukaze (35) (640x425).jpg


巨石。ここに運ぶために、分割してまた組み直した物らしいです。

mizukaze (36) (640x425).jpg


備中神楽。う^^^~~ん。民族文化財らしいのですが、何のことか内容がわからず、、、、。

mizukaze (37) (640x425).jpg


拝観も終わり、列車に戻ります~。,駅長さんら幹部の方々が、スロープとマットを引敷いて出迎え。わざわざご苦労様です。恐縮しまくりです。<m(__)m>もちろん改札口は、フリーパスです。

mizukaze (38) (640x425).jpg


列車に戻り一服の後、夜も更けといっても、18時です~。2交代ですので、後半は、20時過ぎらしいです~。自宅でも夕食は、18時ですので私にはちょうど良い時間です。

今夜は、HAJIME YONEDA監修のお料理らしいです~。

mizukaze (39) (640x425).jpg


立派なメニューが。期待感があります~。そして列車内とは思えないほど揺れは少ないです~。

また雰囲気もゆったりとしています。


mizukaze (40) (640x425).jpg


厨房では、あわただしくコックさんが働いています。4名ほどがいらっしゃいます。オープンキッチンです、決して広くないスペースですが、手際よく作業しています。

mizukaze (41) (425x640).jpg


まずは白ワインで乾杯です。おいしいです~。(*^^)v

mizukaze (42) (640x425).jpg


列車長らしい方が「よろしければお飲みになりませんか?」って、ド、ドンペリ?「うそでしょ?」

もちろん、無料でした~。タダより高いものは無いといいますが、、、。ちょっとしたサプライズでした。

mizukaze (43) (425x640).jpg


前菜です~小いさいですがとっも濃厚で、美味。コースメニューには、題名がついていて、この前菜は、「生命」とありました。白アマダイのフライ。アツアツです。サフランときゅうりの酢漬けのソースだそうです。手でいただきます。

mizukaze (44) (640x425).jpg


このパンは、少々焦げてました~。残念。

mizukaze (45) (640x425).jpg


題名は、「川」。

火は通っているのですが、とけるような味わいのニジマスのお料理です。周りの小さいものが、葉わさび、クレソン、オゼイユのソースとなります。なんともうまい。ワインにぴったりです~。

mizukaze (46) (640x425).jpg


題名は、「地球」。サラダです。白い泡がソースとなっています。これまた美味。

mizukaze (47) (640x425).jpg


題名「海」。陶板の上にアワビ、玉ねぎ、カリフラワー、トリュフがのっています。それぞれがソースと絡まって、なんとも言えないお味です。今まで食べたことないです~。ワインが進みます~。

mizukaze (48) (640x425).jpg


題名「希望」。メインディッシュ。見ての通りステーキです。微妙に火入れがされて、何とも美味。とろけるような味わいです。レアで仕上げてありますが、ちゃんと真中まで火が入っています。

mizukaze (49) (640x425).jpg


題名「収穫」

デザートです。右手のワイングラスに入っている苺ソースをお皿のほうのデザートに混ぜて食べます。

mizukaze (50) (640x425).jpg


混ぜるとこんな感じで、今まで食べたことのないデザートでした。

mizukaze (51) (640x425).jpg


最後にチョコレート、一個食べちゃいました~。

なんとも優雅な夕食です。とても車両の中とは思えないほどです。サービスの方々もてきぱきとしていて、とっても好感が持てました。

mizukaze (52) (640x425).jpg


夕食が終わり、お部屋に帰ると、ソファーだったところが、ベットに変更されていました~。寝台車のベットとはちがい、本格的なベットで、ゆっくりできました。当然揺れはありますが、寝にくいこともなく、いい感じでした。(*^^)v

mizukaze (53) (640x425).jpg


朝食は、この日6時からです~。コックさんも大変です~。何時起きでしょう?

みずかぜ1 (2).jpg


朝食は、洋食と和食が各々選ぶことができます。

みずかぜ1 (3).jpg


箱に入っているのは、洋食のヨーグルトと牛乳です。

みずかぜ1 (4).jpg


ジャム2種類と、一番向こうの四画のものは蜂蜜です。この蜂蜜は何ともおいしかったです。

みずかぜ1 (5).jpg


パンです。お代わり自由です。手前の卵は、半熟の卵ですが、これまたおいしかったです。

みずかぜ1 (6).jpg


とろけたチーズがのったサラダです。美味

みずかぜ1 (7).jpg


スモークしたてのハムですが、温かく香りもそのままに、とっても柔らかくおいしかったです。朝からとっても贅沢でした。

みずかぜ1 (8).jpg


こちらは和食ですが、、、、、。こちらはいただけません。ほとんど残してしまいました~。私の口には合いませんでした~。((+_+))

みずかぜ1 (9).jpg


こうして旅は続きます~。豪華な列車で、ゆったりと過ごす時間がこんなに有意義とは思っていませんでした。まだ半分も来ていませんが、なんともゆるい時間が過ぎています。

(列車最後尾のオープンデッキです。)ここからの景色は最高でした~。

みずかぜ1 (10).jpg


旅はいよいよ中盤です。本日は、8時間余り、バスでの移動があります。列車とはしばらくお別れです。でも特別な時間は続きます。今の時間は、朝7時です~。

NO③に続きます。




nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

トワイライトエクスプレス瑞風 乗車記① [トワイライトエクスプレス瑞風]

10月の某日、待望の「トワイライトエクスプレス瑞風」に乗ってきました~。

偶然キャンセル待ち当たり、なんともうれしい出来事でした~。

本当は、前乗りしたかったのですが、仕事もあり、出発当日金沢を出発しました~。

目的地は、京都。一番早いサンダーバードにて、集合場所の京都駅、ホテルグランヴァ京都へ。

京都到着後、2階のロビーに行くと、JRの職員が声をかけてくれました~。「〇〇ですが、、、、。」「遠路ありがとうございます。」「すぐに15階の瑞風ラウンジにご案内いたします。」とのこと。

何せ、切符もないし、何も乗車を証明するものがないので、かなり不安でしたが、その不安もすぐに解消されました~。


待望の瑞風専用ラウンジに到着です。

mizukaze (1) (640x425).jpg


既にほかのお客さんもいらっしゃいます~。少々緊張です~。

mizukaze (2) (640x425).jpg


まずは、コーヒーとお菓子をいただきます~。なんとも静かで緩やかな時間が過ぎます~

2017年10月25日~27日瑞風 008 (640x425).jpg


そして手渡されたのが、瑞風のバッジと、ルームキーです~。

このバッジ、JRの改札口ならフリーパスらしいです~。!(^^)!

みずかぜ1 (1).jpg


スタッフがお揃いです~。ますます緊張です。このほかにも、5名くらいの人が接待をしています。

mizukaze (3) (640x425).jpg


そして、定刻となり、瑞風ラウンジから、改札口を通らずに、直接出発のゼロ番線へ。なんとも気恥ずかしい瞬間です~。

周りにはお普段のお客さんの目線が、、、、。かなり恥ずかしいです~。全員の個々の写真を撮ります~。

mizukaze (4) (640x425).jpg


いよいよゼロ番線に瑞風が入線してきます~。この列車、山陰本線を走るので、ディーゼルと電気のハイブリッド車両です。

mizukaze (5) (640x425).jpg


グリーンメタリックの車体がとってもきれいです~。当初は地味かなと思っていたのですが、実物はとってもきれいです~。

mizukaze (6) (640x425).jpg


さあ、いよいよ初体験の2泊3日の旅の始まりです~。

mizukaze (7) (640x425).jpg


客室はこんな感じです~。広くてきれいです~。洗面所を入れると、縦長の4畳くらいはありそうです~。

この椅子が夜はベットになります。

また、自宅に取りに来てくれた荷物は、すでに客室の届いております~。何から何まで、気配りがすごいです~。

mizukaze (8) (640x425).jpg


洗面所です。アメニティーは、左手のきれいな箱に一括収納されており、シャンプー類は、エルメスでした~。!(^^)!初めて見ました~。

mizukaze (9) (640x425).jpg


洗面の横には、シャワー室です。コイン式でなく自由に使えます~。ただし、節水にご協力願いますと書いてありました。電車ですから水にも限りがありますので、当然のことですね。

mizukaze (10) (425x640).jpg


貴重品ボックスも。もっとも貴重品がありませんので使用しませんでした~。


mizukaze (12) (640x425).jpg


小さいですがクローゼット。コンパクトにまとめられています。

mizukaze (11) (425x640).jpg


デスクには、ⅰパッドがあります。瑞風の色々な説明と、先頭車と最後尾車にカメラが付いていて、いつでも見ることができます。また、今現在の走行地点が、地図に表示されています。

mizukaze (13) (640x425).jpg


mizukaze (14) (640x425).jpg


冷蔵庫にも飲み物が、、、、。すべて無料です。また、瑞風内は、ほとんどのアルコールも無料です。

mizukaze (15) (640x425).jpg


先頭車両の展望室です。

mizukaze (16) (640x425).jpg


ここから外に出ることができます。ただし最後尾使用の時だけです。今この車両は先頭車両のため出ることができません

mizukaze (17) (425x640).jpg


転手さん。いつも監視されているようで、かわいそうなくらいきれいに見えます。メータは、100キロを示しています~。

mizukaze (18) (640x425).jpg


5号車のラウンジです。バーカウンタもあり、24時間営業です。バーテンダーの人は、いつ眠るのかな?心配です~。

mizukaze (19) (640x425).jpg


車内を探検しているうちに、大阪駅の出発です。駅長さんはじめ、JR職員の方々や、一般の方までお見送りしてくれます~。

mizukaze (20) (640x425).jpg


mizukaze (21) (640x425).jpg


緊張に瞬間が過ぎたころ、もう昼御飯です~。ダイニングカーは、すべて2交代制で、私たちは、すべて早いほうです~。

時間帯は、選べるのかどうかはっきりしません。私たちは、キャンセル待ちでしたので、、、、。

mizukaze (22) (640x425).jpg


お昼からスパークリングワインです~。昼からお酒を飲むのは、何年ぶりでしょうか。瑞風のグラスが、、、、。

mizukaze (23) (640x425).jpg


初日は、松華堂弁当です。どれもこれもおいしくいただきました。まだ緊張していて、どこに入ったのかわかりませんでした~。でも、汁物もアツアツでとっても良かったです。

mizukaze (24) (640x425).jpg


mizukaze (25) (640x425).jpg


mizukaze (26) (640x425).jpg


このデザートは、とっても美味しかったです~。

mizukaze (27) (640x425).jpg


しばらくして、岡山駅に到着です~。なんと、お出迎え。(*^。^*)幼稚園児が多数お出迎えです~。なんともかわいいです~。わざわざ申し訳ないです~。気恥ずかしい中にも、ありがたかったです~。

mizukaze (28) (640x425).jpg


駅を出てすぐのところに、瑞風専用バスが、止まっています~。カラーリングも列車と全く同じです~mizukaze (29) (640x425).jpg


駅長さん以下、十数名がお見送りです~。また、バスには、添乗員1名、運転手2名。JR職員3名、ガイドさん1名が同乗しております。すごい丁寧な対応で、バスの乗り降りの時は、ステップと、絨毯を敷いてくれます~。


mizukaze (30) (640x425).jpg


駅長さんの見送りを受けながら後楽園に出発です。

以下NO2に続きます。<m(__)m>




nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

息子夫婦とかわせみへ [かわせみ]

急に思い立って、しばらく遠出ができなくなる息子夫婦を誘って、かわせみへ行ってきました~。

来年の1月には、我が家に新しい家族が増えるのです~。私もいよいよ「○○です~」(*^^)v


まだまだ若いと思っていましたが、世間から見れば、立派な爺になってきています。 いつまで行けるかわかりません~。この4人で行ける最後だと思って、行ってきました~。 今夏は、混んでいるため、希望のお部屋が取れませんでした~。希望は、「特室離れを2室」だったのですが、希望のお部屋が取れず、予約したのは、「特室離れ1室と本館特室の小萩1室」でした~。 到着すると、いつもの男衆さん。「○○様いらっしゃいませ。」そして、いつもの係りの方が、ご案内。いつもながら気持ちの良いお出迎えです~。そして案内されたのが、「侘助」と「花圃」って、これはちょっと豪華すぎます~。「これって、大丈夫なんですか?」私。「こちらの都合で、お部屋を変更させていただきました。大丈夫です。」との事、、、、。恐縮しっぱなしで、お部屋に落ち着きました~。


久しぶりの侘助のお部屋。私たちが泊まります。息子夫婦は、隣の花圃のお部屋で、妊婦ですので、ベットのほうが良いと思いました。

それにしても侘助は2人には、広すぎます~。もったいないです~。

かわせみ2017年 (3).jpg

かわせみ2017年 (2).jpg


夕食は、息子夫婦と一緒に食べます~。

かわせみ2017年 (5).jpg


息子夫婦も大満足の様です~。よかった。

かわせみ2017年 (4).jpg


お酒大好きな息子と差しつ差されつです~。ちなみに、お酒は、伊兵衛と栄四朗の2種類です。

かわせみ2017年 (10).jpg


お食事の始まりです。

いつもながら、きれいです。

かわせみ2017年 (6).jpg


かわせみ2017年 (7).jpg


アワビのお吸い物これまた美味。ちよ~っとピンボケすみません。かわせみで一番好きなお椀です~。

かわせみ2017年 (8).jpg


季節の一盛り

かわせみ2017年 (9).jpg

烏賊の刺身。

かわせみ2017年 (11).jpg

本マグロのたたきです。

かわせみ2017年 (12).jpg


今月の特選です。これを目当てに来ました~。とってもおいしいです~。雲丹が何とも言えません。

かわせみ2017年 (13).jpgかわせみ2017年 (14).jpg


口変わり。

かわせみ2017年 (15).jpg


サービスのステーキ。ご飯のお供にぴったりです。

かわせみ2017年 (16).jpg

食事に夢中で、ご飯をちょっと食べちゃいました~。見苦しくてすみません。

かわせみ2017年 (17).jpg


デザートもよし。

かわせみ2017年 (18).jpg


4人で記念撮影。来年には、5人になっている予定です~。赤ちゃんを連れてこれるかな?


かわせみ2017年 (19).jpg


朝食は、起床時間も違うので、いつも通り別々に食べました~。

かわせみ2017年 (20) (640x425).jpg


4人での最後のカワセミでした。

来年は、5人家族としてまたおと連れることを夢見ております。


次回の更新は、「瑞風」乗車記を予定しております。

ありがとうございました。



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

大相撲観戦 [東京ステーションホテルと大相撲]

今年の5月場所に息子夫婦の招待で、行ってきました~。 到着草々、スカイツリーへ。 1 (1) (480x640).jpg

少々奇妙なエレベーター内 1 (2) (640x480).jpg やっぱり怖い(;一_一) 1 (3) (640x480).jpg 1 (4) (640x480).jpg 1 (5) (640x480).jpg 1 (6) (640x480).jpg 1 (7) (640x480).jpg 宿でのチェックインは、いたってスムーズ、そしてサプライズ、お部屋のレベルアップ告げられました~。 理由はわからず、、、。2ランクアップです~。不思議~。 1 (8) (640x480).jpg ひ広い!(^^)! 1 (9) (640x480).jpg 無料です~。 1 (10) (640x480).jpg アメニティーはすべてブルガリ。「すべてお持ち帰りください~」と案内係のお姉さん。ほんとに? 1 (11) (640x480).jpg 1 (12) (640x480).jpg 1 (13) (640x480).jpg お部屋の真ん前が、皇居です~。 1 (14) (640x480).jpg 1 (15) (640x480).jpg ホテル内をうろうろ 1 (16) (640x480).jpg 1 (17) (640x480).jpg お部屋から徒歩20歩で喫煙室です~。 1 (18) (640x480).jpg 皇居も散歩がてら。 1 (19) (640x480).jpg 1 (20) (480x640).jpg ちょっと変わったエレベーター。ホテル内の1エレベーター出入口が2方向に二つあります~。 1 (21) (640x480).jpg 国技館、すごい人です~・。楽しかったです。息子夫婦に感謝。 1 (22) (640x480).jpg 1 (23) (640x480).jpg 息子夫婦と、お嫁さんのご両親。いい感じ~。 1 (24) (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ふたりとわに縁 [伊豆箱根。忍野八海。]

快晴の中ドライブです。

箱根伊豆 (45) (640x425).jpg

忍野八海。なんともすごい人です~。異国の言葉が飛び交っています~。ここ本当にニッポン?
箱根伊豆 (43) (640x425).jpg

水はとってもきれい。
箱根伊豆 (42) (640x425).jpg

箱根伊豆 (44) (640x425).jpg

箱根伊豆 (46) (640x425).jpg

ドライブ中は、どこからでも富士山。
箱根伊豆 (45) (640x425).jpg

箱根伊豆 (47) (640x425).jpg

白糸の滝も見物
箱根伊豆 (48) (640x425).jpg

箱根伊豆 (49) (640x425).jpg

そして、伊豆へ。恋人岬(再訪)。以前より広がっていて、展望台は二つに。
箱根伊豆 (51) (640x425).jpg

箱根伊豆 (52) (640x425).jpg

今晩の宿泊は、「ふたりとわに縁」です。最近できたお宿で、オープン記念特価で安いです。

箱根伊豆 (53) (640x425).jpg

箱根伊豆 (54) (640x425).jpg

箱根伊豆 (55) (640x425).jpg

箱根伊豆 (57) (640x425).jpg

お部屋は、「大切な人」というお部屋。
箱根伊豆 (56) (640x425).jpg

箱根伊豆 (58) (640x425).jpg

箱根伊豆 (60) (640x425).jpg

箱根伊豆 (59) (640x425).jpg

お部屋は、お花だらけです。「造花かアートフラワー」ですが、、、。
箱根伊豆 (61) (640x425).jpg

ワンルームです。広いです~。
箱根伊豆 (62) (640x425).jpg

箱根伊豆 (63) (640x425).jpg

箱根伊豆 (64) (640x425).jpg

露天風呂も広いです~。半露天形式です。
箱根伊豆 (65) (640x425).jpg

箱根伊豆 (66) (640x425).jpg

夕日がとってもきれいです。
箱根伊豆 (69) (640x425).jpg

さて夕食
箱根伊豆 (70) (640x425).jpg

おすすめは、海鮮鍋でしたが、私は、すき焼きが食べたくて、選びました。
箱根伊豆 (71) (640x425).jpg

ビールを注文。
箱根伊豆 (72) (640x425).jpg

箱根伊豆 (73) (640x425).jpg

箱根伊豆 (74) (640x425).jpg

箱根伊豆 (75) (640x425).jpg

箱根伊豆 (76) (640x425).jpg

すき焼き鍋。期待できそう。
箱根伊豆 (77) (640x425).jpg

いい感じ
箱根伊豆 (78) (640x425).jpg

箱根伊豆 (79) (640x425).jpg

箱根伊豆 (80) (640x425).jpg

箱根伊豆 (81) (640x425).jpg

箱根伊豆 (82) (640x425).jpg

箱根伊豆 (83) (640x425).jpg

お部屋には、おにぎりセットが用意されていました。
箱根伊豆 (84) (640x425).jpg

朝食です。あまり食べるものがなかったです。
箱根伊豆 (85) (640x425).jpg

箱根伊豆 (86) (640x425).jpg

箱根伊豆 (87) (640x425).jpg

焼き魚は、小さくてしかも食べれる身がなく良くないです。(;一_一)
箱根伊豆 (88) (640x425).jpg

箱根伊豆 (89) (640x425).jpg

箱根伊豆 (90) (640x425).jpg

設備や景色は良い旅館です。
箱根伊豆 (92) (640x425).jpg

箱根伊豆 (91) (640x425).jpg

箱根伊豆 (93) (640x425).jpg

箱根伊豆 (94) (640x425).jpg

新しい旅館ですので、不満箇所も多いですが、従業員は、てきぱきとしてました。
夕食は、普通においしくいただきましたが、朝食はいただけません。
当初、近接する富岳群青と迷ったのですが、このお宿でコスパを考えると正解だったかもしれません。
次回は、富岳群青にチャレンジします。











nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

オーベルジュ連 [オーベルジュ連]

かなり時間が経過しました。 今年の4月久々に伊豆箱根方面に旅立ちました。 以前から言ってみたかった忍野八海を見に行く目的です~。幸いお天気も快晴です~。 DSC_0395 (640x425).jpg DSC_0514 (640x425).jpg 今回最初の宿泊地は、箱根のオーベルジュ連です。 DSC_0504 (640x425).jpg 間際の予約でしたので、希望のお部屋はと手ませんでしたが、離れの特別室のみが空いていました。 玄関内部です。 箱根伊豆 (3) (640x425).jpg 室内の冷蔵庫は、ワインセラー以外のアルコール類を含めてすべて無料です~。 箱根伊豆 (5) (640x425).jpg リビングと寝室は続き間です。 箱根伊豆 (6) (640x425).jpg 箱根伊豆 (7) (640x425).jpg 箱根伊豆 (12) (640x425).jpg 露天風呂と洗面、シャワーブースもあります。 箱根伊豆 (10) (640x425).jpg 箱根伊豆 (9) (640x425).jpg 箱根伊豆 (11) (640x425).jpg なんだか別荘に来たような風景を楽しみました。騒音もなく、いたって静かです。 オーベルジュのお楽しみ食事です。 箱根伊豆 (15) (640x425).jpg ナイフとフォークがありません。はてな? 箱根伊豆 (16) (640x425).jpg ありましたー。引き出しの中に。 箱根伊豆 (17) (640x425).jpg お料理は、本格フレンチ。オーソドックスなフレンチで、私の大好物。最近はやりのあっさり系ではありません。私好みでした~。 箱根伊豆 (18) (640x425).jpg 箱根伊豆 (19) (640x425).jpg 箱根伊豆 (20) (640x425).jpg フルコースなので、私と家内は、別のコースを注文しております。 箱根伊豆 (21) (640x425).jpg 箱根伊豆 (22) (640x425).jpg 箱根伊豆 (23) (640x425).jpg 箱根伊豆 (24) (640x425).jpg 箱根伊豆 (25) (640x425).jpg 箱根伊豆 (26) (640x425).jpg 箱根伊豆 (27) (640x425).jpg 箱根伊豆 (28) (640x425).jpg 箱根伊豆 (29) (640x425).jpg お土産にクッキーの詰め合わせが出てきました~。 箱根伊豆 (30) (640x425).jpg 朝食も大変おいしくいただきました。 箱根伊豆 (31) (640x425).jpg 引き出しのナイフとフォークは、スプーンに変わっていました。 箱根伊豆 (32) (640x425).jpg 箱根伊豆 (33) (640x425).jpg 箱根伊豆 (34) (640x425).jpg パンは焼き立てです^。 箱根伊豆 (35) (640x425).jpg 箱根伊豆 (36) (640x425).jpg 大好物のオムレツにしてもらいなした。 箱根伊豆 (37) (640x425).jpg 箱根伊豆 (38) (640x425).jpg 箱根伊豆 (39) (640x425).jpg コーヒーも美味。 箱根伊豆 (40) (640x425).jpg 翌日も快晴。いよいよ忍野八海へ。 箱根伊豆 (41) (640x425).jpg 次回は、忍野八海と白糸の滝です。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

あけましておめでとうございます。 [トピックス]

御無沙汰しておりました。
一昨年の中ごろソフィーが亡くなって、なんだかポッカリと空洞が出来たような、、、、。
何とも情けないですが、写真を見るたびに涙が、、、。
そんな日が続いていました。

そんな一昨年の暮れ、突然、息子が神妙な顔で、「紹介したい人が居ます。今度事務局に入ってもらう○○さんです。さきざき、、、、、。妻に、、、、、。」と。

「え?」と、ビックリ。そろそろ事務員さんが必要とは思っていましたが、思わず「おお~」と、叫んでしまいました~。
いつの間に、こんなかわいい娘と知り合いになったのやら。彼女は元々法律事務所で、働いて居たので、事務局の仕事は、息子より知っているみたいです。何とも理想的な人です~。
偶然ですが、中学の一級下の子らしいです~。

何ともうれしい報告です。気立ても良く、頭の回転の速い子です。
おもわず「本当にうちの息子でいいのですか?」と私。息子は、「おいおい、どういう意味?」
お嫁さんは、「はい」と一言。こんなきれいな子がお嫁さんに来てくれるとは、思っても見ませんでした。
本当に大変めでたいです。\(^o^)/

お話も順調に進み昨年春に結納をしました。先方のご両親と簡単な顔合わせと食事と結納の儀式。

ブログ用 (1) (640x480).jpg

ブログ用 (12) (640x480).jpg


そして数日後息子から、「挙式はハワイで行いたいのですが」と話があり、私は、「おお、いいじゃない。気を付けて行ってね。いつごろ行くの?」息子が、「何言ってるの?お父さんも行くんだよ。」「え~?行かなきゃダメ?飛行機ダメなのしってるよね。」妻君が「一人息子の結婚式くらい我慢しなさい。」「え~~~~。」と、漫才のような会話があり決定。あらら、、、((+_+))。

6月末やっとの思いで、ハワイへ。飛行中は、一睡もできませんでした~。(~_~;)コワイ
無事にホテル到着。何とも綺麗なホテル。ハレクラニ?とかいうホテル(知らない??)。でもいい感じです。

ブログ用 (14) (640x425).jpg

ブログ用 (13) (640x425).jpg

結婚式ハワイ 092 (640x425).jpg

いよいよ翌朝、挙式会場に向かいます。ホテル内を歩く二人、いい感じです~。

結婚式ハワイ 119 (640x425).jpg

快晴の朝、ホテルを出発。リムジン!初めて見る、デカッ!(^^)!
でもリムジンに乗るのは、新郎新婦だけです~。(私も乗ってみたかった~残念(´・ω・`)ショボーン)

ブログ用 (15) (640x425).jpg

挙式の前の記念撮影。イルカを背に撮影。イルカのジャンプ・かわいい\(^o^)/

ブログ用 (16) (640x425).jpg

小さなチャペル。でもとっても静かで天気も現地のコーディネータのサービスも最高。別空間です。
何ともおごそかで、まるで時間が止まったようです~。
新婦さんがとてもきれいです~。

結婚式ハワイ 157 (640x425).jpg

ブログ用 (17) (425x640).jpg

ブログ用 (18) (640x425).jpg

結婚式ハワイ 295 (640x425).jpg

息子たちは、そのままハネムーン。私たちは、ついでのハワイ観光をしました。

ブログ用 (19) (640x425).jpg

36年前、我々もアメリカ西海岸とハワイのハネムーンでしたが、当時のハワイとは問題にならないほどの変わりようです~。
私の希望で、セグウエイでの観光をしました。ハワイでは、どこでもセグウエイで走れるみたいです~。(高速はダメかも)
はじめてのセグウエイ、20分ほどの訓練をして、いざ出発。なかなか快適な乗り物です。
他の参加者は、教習に手間取っているので、私たちだけが先に出発。スキーの経験が良かったのか、先生からお褒めの言葉があり「なかなかセンス良いですね。うまいです。」
乗り方は、丁度スキーのスラローム(ウエーデルンのような感じ)のような感じです。
3時間弱の体験は、とっても印象に残りました。

ブログ用 (21) (640x480).jpg

ブログ用 (22) (640x480).jpg

帰国後、日をおいて11月に披露宴。沢山のお客さんが来てくれて、無事に終了。

妻君の手毬をオブジェにしました~。本来手毬が乗っている場所には、キャンドルがあるそうですが、お嫁さんが気を使ってくれたのでしょう、お母さんの手毬を飾りたいと言ってくれました。妻君も大変喜んでいました。

2016年11月19日彰孝披露宴 (4) (425x640).jpg

2016年11月19日彰孝披露宴 (12) (640x425).jpg

昨年一年は、結婚式一色でした。
これからは、二人の生活を大切にして、末永く仲良く暮らしてくれることを願っています。

色々とあったここ1年半です。
悲しい別れがあり、かなり落ち込んでいましたが、我が家にとっては、最高の家族が増えて、幸せな1年でもありました。

忙しさに紛れて、お休みしていましたが、またブログをはじめようと思います。
まだまだ現役は、引退できませんので、アップには時間がかかると思いますが、これからもよろしくお願いいたします。

nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ソフィー [ソフィー]

御無沙汰しております。
ここ数か月愛犬の調子が悪くその為ブログにも手が伸びずご無沙汰しております。

2か月前に、大好きなミルクやチーズを食べなくなり、時々吐くようになりました。
急いで獣医に見せると、貧血が起っています。ステロイド系の薬を処方してもらいました。
その後少し元気になり安心していたのですが、一か月前にまた吐くようになり獣医に見せると、貧血の改善が見られないので、エコーで見てみる事になり、見てみると腎臓が肥大しているとの事、ただ高齢だしリンパの転移も見られるので、手術も無理との事でした。

後は様子を見ることしかできないみたいでした。
何ともはや、、、、、。やり切れない日々が続く中。食事もとらなくなりやせ細っていくソフィー、、、、。でも何もできない。苦しまないよう気を付けている毎日、、、、。それでも生きている姿を見ることがどんなに心の支えだったのかを思い知ることになりました。

人はたかがペットとおっしゃるかもしれませんが、私たちにとっては違います。
生後2か月くらいで義理の姉からもらったソフィー。京都からの車の中、妻の膝の上でぶるぶる震えていたのを良く覚えています。息子が東京に進学してすぐに我が家に来たソフィー。待望の女の子が出来たみたいでした~。
13年間有難う。君は、決してかみつく事は無く、唸る事もしませんでした。
とっても優しい犬でしたね。お客さんが大好きな君。どれだけ我々を和ませてくれたことか。2回のヘルニアも屈伏して元気になったので、奇跡的に癌も治ると信じていた私たち。
辛くて、吐き気に襲われても、床を汚さないようにふらつく足で、御風呂場まで這っていく優しさ。今でも涙が出ます。

亡くなる前日、ベットで私の家内の間で、休んでいた君は、夜中に私を起こしましたね。
本当に初めての事でした。どうしたの?と聞くと右手をあげて何やら催促していましたね。
リビングに連れて行くと外に出たいようでした。トイレをして、そのままリビングで、朝まで私と過ごしましたね。何を訴えたかったのか、、、。最後のお別れの挨拶だったのか、、、。

その翌日午前4時、私と家内の見守る中、安らかに息を引き取ったね。本当にきれいな顔で亡くなって逝ったね。
本当にありがとう。優しい優しいソフィー。

亡くなって、三日が経ちますが、悲しみは増すばかりで、何も手につきません。
こうして書き込んでいても涙が止まりません。どうしたものか、、、。
今はどうしようもない日々です。


ソフィー 045 (700x525).jpg

ソフィー 050 (700x525).jpg

炬燵大好き~( ^^) _U~~
ソフィー 053 (700x525).jpg

ソフィー 061 (700x525).jpg

フカフカ大好き
ソフィー 063 (640x480).jpg

得意な鼻パク
ソフィー 069 (700x394).jpg

新居にもすぐ慣れて、快適だったかな?床が滑ってごめん。m(__)m
ソフィー 072 (700x525).jpg

ソフィー 079 (700x525).jpg

ソファーも大好き。腰を痛めないようにね。
ソフィー 084 (700x525).jpg

日向ぼっこも大好き
ソフィー 085 (700x525).jpg

ソフィー 088 (700x525).jpg

ソフィー 090 (700x525).jpg

ソフィー 092 (700x525).jpg


ソフィー 101 (700x525).jpg

ソフィー 107 (700x525).jpg

ソフィー 123 (700x525).jpg

ソフィー 128 (700x525).jpg

おねだり~~。なんかチョウダイ
ソフィー 131 (700x525).jpg

ソフィー 133 (700x525).jpg

新居でもこたつ好き
ソフィー 141 (700x525).jpg

ソフィー 144 (700x525).jpg

ソフィー 153 (700x525).jpg

ソフィー 154 (700x525).jpg

ソフィー 161 (700x525).jpg

ソフィー 165 (700x525).jpg

ソフィー 178 (700x525).jpg

少し調子が悪い。とっても心配。
ソフィー 183 (700x525).jpg

ソフィー 187 (700x525).jpg

ソフィー 189 (700x525).jpg

ソフィー 196 (525x700).jpg

ソフィー 199 (700x525).jpg

ソフィー 202 (700x525).jpg

原稿を書いているうちも涙が止まりません。
元気が出たらまたブログはじめます。

優しいソフィー有難う、天国で待っていて。私も行くから。 お疲れ様でした。決して忘れないよ。有難う、、、、





nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

角館・侘桜 [角館山荘 侘桜]

9月中旬、桜を目当てに秋田県の角館に行ってきました~。
これで、通過県も含めて、全ての県を走破したことになります~。(沖縄を除く)

今回は、2泊3日の行程でした~。1泊目は、すでに書き込んだことのある宿ですので、今回は、初めてのお宿と角館の風景を書き込みます。
あいにくの雨の中、北陸道、磐越道、東北道、秋田道経由で、大曲まで、全て高速にて、目的の角館に到着いたしました~。合計で、約8時間でした。走行距離は、約880㌔です。

雨の角館市内です。思ったより広い道に驚きながら、散策をしました~。
小雨の天候ですが、丁度満開でした。
観光客も雨の中たくさんいました~。角館 1 (1).jpg
角館 1 (2).jpg

武家屋敷群は、全て桜がありました~。
角館 1 (3).jpg

角館 1 (5).jpg


駐車場は、宿の指定で関連店舗の駐車場を利用できて、大変便利でした~。
また、侘桜に宿泊すると、武家屋敷の青柳家の拝観料が無料となる特典がありました~。

何とも、枝垂れ桜がきれいで、雨で無かったらもっときれいだったろうと思いました。
でも、十分に桜を満喫し宿に向かいました~。
角館 1 (6).jpg

角館 1 (7).jpg

市内から、約10分位、細い山道を走りました。それでも、交差は出来る道です。
祖谷温泉やアースの道より楽ちんです~。

角館 1 (8).jpg

宿に到着、雨足は少しゆるくなっていました~。
趣のある門です。母屋も古民家風です~。

角館 1 (9).jpg

宿の全体は、平屋で落ち着いています~。

角館 1 (10).jpg

角館 1 (12).jpg

宿の玄関です~。

角館 1 (11).jpg

お茶請けです。角館 1 (13).jpg

お茶を頂いた後、雨なので、廊下を進みます。

角館 1 (14).jpg

今回予約が出来たのは、ダイニング付のお部屋、「曙山」です。角館 1 (15).jpg
角館 1 (16).jpg

御部屋の配置は、この通り。二部屋だけが、ダイニング付です。
角館 1 (17).jpg

とっても親切な、男衆さんの案内でした。夕食の配膳もこの方がしてくれました。
男の人の仲居さんは、生まれて初めてでした~。角館 1 (18).jpg

水屋です。角館 1 (19).jpg

冷蔵庫のビールとお水とジュースは、無料です。
お茶とポカリは、有料でした。面白い!
角館 1 (20).jpg

リビングもゆったり
角館 1 (21).jpg

和室も広く開放的
角館 1 (22).jpg

ダイニングとリビングの戸が変わっていました~。
角館 1 (23).jpg

ベットルームも和室と続き間で、広いです。
角館 094 (400x266).jpg

半露天のお風呂。源泉かけ流しで、とっても気持ちよかったです~。
窓も解放できて、屋根があるので、雨でも大丈夫です。
角館 1 (24).jpg

洗面所、広くて、快適です。
角館 1 (27).jpg

バスローブもあり、アメニティーも豊富です。
角館 1 (26).jpg

角館 1 (25).jpg

畳部屋から、リビング、そしてテラスと見渡せます。
角館 1 (28).jpg

テラスは、とっても広いです。
角館 1 (30).jpg

角館 1 (32).jpg

御風呂場が見えます。
角館 1 (31).jpg

テラスからの風景は、この通り。鶯の声だけが聞こえます。
角館 099 (400x266).jpg

トイレは、こんな感じ。
角館 1 (29).jpg

当日は、満室という事でしたが、そんなに人と会う事は無く、ゆったりと過ごせました。
ただ驚いたのは、車で来ている人が、私ともう一組だけだったのです。
雨が上がった時、駐車場に行って見ると私の車と、もう一台があっただけで、そのほかのお客さんは、送迎をたのんだみたいです~。玄関にレンジローバーが何度か停まっていたので、これが送迎車かも、、、。
駐車場も広くて、停めやすかったです。
角館 144 (400x266).jpg

旅館案内で、道が悪い事を注意喚起していましたが、そんなにひどい道ではありませんでした。

次回は、お食事をご紹介いたします。
ご訪問ありがとうございました。





nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

出雲・松江 [出雲大社・松江]

大変ご無沙汰しております。
新居に移り、LANの環境が整わず、やり直しました~。
かなり時間がたってしまいましたが、続きを書きます。

出雲大社のあと、宿泊は、皆美館です。
友人が泊まって、食事が良かったと聞いて予約しました。
予約時の対応も良く楽しみにしてました~。

宿は、細い道を入ったところにあります。
出雲、松江、足立美術館 253 (400x266).jpg

こじんまりしてますが、いい感じです~。
出雲、松江、足立美術館 254 (400x266).jpg

御部屋は、最上階の角部屋
御部屋の全景です。宍道湖に面してます~。
出雲、松江、足立美術館 261 (400x266).jpg

リビングも落ち着きます。
皆実館 (13).jpg

トイレです
皆実館 (12).jpg

御風呂は、半露天と言っていますが、窓を開けると川をへだてて向かいのビルから丸見えなので、空けて入る事は出来無いと思います。
皆実館 (9).jpg

洗面も広めで、バスローブもあります。
皆実館 (8).jpg

寝室もいい感じです。
皆実館 (6).jpg

和室と寝室と、リビングが一直線に並んでいて、解放感があります。
皆実館 (4).jpg

皆実館 (3).jpg


さていよいよお食事です。1階の個室に案内されます。ビーナスの口づけと言う名の食前酒です。
皆実館食時 (1) (400x300).jpg

お品書きです。
皆実館食時 (2) (400x300).jpg

先付け、カニのにびたし。さっぱりといい感じです。
皆実館食時 (3) (400x300).jpg

生ビールで、乾杯です。
皆実館食時 (4) (400x300).jpg

目を移すと、きれいに整えられた庭園が目を引きます。
皆実館食時 (5) (400x300).jpg

カワハギ浅葱巻き、これも美味。
皆実館食時 (6) (400x300).jpg

次は、松茸土瓶蒸し。良い出汁で美味しかったです。
皆実館食時 (8) (400x300).jpg

皆実館食時 (9) (400x300).jpg

お刺身の3種盛りです。ブリ、あいなめ、ヒラメ、です。これも新鮮でした~。
皆実館食時 (10) (400x300).jpg

秋の楽盛り。奥から、蕪蒸し、少々味付けが薄いような、、。小柱となめこの和えもの、無難なお味です。あわびと大エビのそばの実味噌焼き、そんなに大きな海老では無かったけどおいしかったです。
皆実館食時 (11) (400x300).jpg

強肴(希望の物を選びます。)私は、鯛のアラダキ。これ大好物なのです~。美味
皆実館食時 (12) (400x300).jpg


妻君が選んだ、ステーキです。これも美味しかったです。
皆実館食時 (13) (400x300).jpg

食事は、おかゆか、白飯を選べます。妻君のおかゆです。少々味が薄かったみたい。
皆実館食時 (15) (400x300).jpg

私の白ご飯です。といっても、菜っ葉がはいってます~。
皆実館食時 (16) (400x300).jpg

後はデザートです。
皆実館食時 (18) (400x300).jpg

夕食は、大変満足の行けるものでした。出て来るタイミングも良く満室の割に快適に食事が出来ました。
また、味も良く不満はありませんでした。

さて、朝食ですが、これは全くダメでした~。夕食を同じ旅館とは思えないくらいです。別人の制作カモ、、、。
皆実館食時 (19) (400x300).jpg

個室ではなく、テーブルに並べてある所にに案内され、サラダかセットされてます。
皆実館食時 (20) (400x300).jpg

お漬物です。普通です。
皆実館食時 (21) (400x300).jpg

当館名物鯛茶漬けをお願いしたのですが、少々予想と違う物が来まして、、、、。それがこれです、、、。鯛がない、、、、鯛デンブ?でも、味がない鯛茶つけとはこんな感じで、、、。
皆実館食時 (22) (400x300).jpg

具材をのせてお茶ずけにするみたいなのですが、、、、。まったく味が無い感じ、、、、。
皆実館食時 (23) (400x300).jpg

鮭の焼いたもの。暖かかったですが、薄味で、、、。
皆実館食時 (24) (400x300).jpg

味噌汁と煮浸し、、、。これもいまいち
皆実館食時 (25) (400x300).jpg

お豆乳です。普通
皆実館食時 (26) (400x300).jpg

皆実館食時 (27) (400x300).jpg

食後のコーヒは、玄関横のラウンジで、これはとっても美味しかったです。
皆実館食時 (28) (400x300).jpg

総評
到着時のサービスや、御部屋の感じ、夕食等も満足なお宿です・。
ただ、朝食が何ともいただけません。最近のお宿は、朝食に力を入れているところが多いのに、何故なんでしょうか?夕食同じ調理人が作っているとはとても思えませんでした~。
朝食は少々残念でしたが、良い旅になりました。

せっかくなので、帰りに足立美術館に立ち寄りました~。
とっても綺麗なお庭に満足満足・。見どころも多く良かったです。
足立美術館 (400x266) (6) (400x266).jpg

足立美術館 (400x266) (2) (400x266).jpg


大変間が空いてしまい、間が抜けてしまいましたことをお許し下さい。
新居に移って以来、なんだか忙しいのと、PCに不慣れな事が原因だったのですが、申しわけない事をしました。

次回は、4月に予定しております、角館の桜を予定しております。
ご訪問ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。






nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

出雲・松江 [出雲大社・松江]

9月の中ごろ、以前より行きたかった、出雲に行ってきました。
金沢から580㌔かわせみよりちょっと遠いですが、良いドライブです。
1泊2日の強行軍です。高速料金の30%割引を狙って、自宅を午前3時30分に出発。出雲大社に着いたのが、9時30分位でした~。
出雲大社 (3).jpg

まだ朝早いせいか、道も空いていて快適です。参道もまだ人ごみも少ないです。
なんとなく新鮮なまっすぐな参道を散策しました。
第一の大鳥居です。車で通過する人が多いです。我々は、車を駐車場においてから、歩いて戻って改めて潜りました~。
出雲大社 (2).jpg


綺麗に整備された参道です。
出雲大社 (4).jpg

人も少ないです~。
出雲大社 (8).jpg

参道は、一直線で傾斜があってとっても綺麗です~。
出雲大社 (4).jpg

これは、2番目の鳥居です。1番目より小さくなっています~。
出雲大社 (5).jpg

遷宮の看板もあります。
出雲大社 (7).jpg

そして境内の鳥居、3番目です。もっと小さいです~。
出雲大社 (9).jpg

諏訪の御柱のようなものが、、、、。
出雲大社 (10).jpg

4番目の鳥居、いよいよ拝殿です。
出雲大社 (11).jpg

手を洗い清めて、いよいよです~。
出雲、松江、足立美術館 078 (400x266).jpg

でもなんだか写真で見るより、しめ縄が小さいです~。
出雲、松江、足立美術館 088 (400x266).jpg

こんな大きさだったかな~。????
出雲、松江、足立美術館 093 (400x266).jpg

本社などは、塀の中で全体は見れません。
出雲大社 (14).jpg

出雲大社 (15).jpg

でも、どこが遷宮なのかな?わかりません。
出雲大社 (16).jpg

一周しましたが、わかりません。
出雲大社 (17).jpg

あてもなく歩いていると、「ん~~、大きな建物が、、、。ん~~~」
おっと、ここだ~~~~。大きなしめ縄~~~~。ここが雑誌などに出ているところ。
出雲、松江、足立美術館 111 (400x266).jpg

でも、ここは、神楽殿とある、、、。鉄筋かな~。??
出雲大社 (13).jpg

それにしてもでかい。
出雲大社 (18).jpg

ここでお守りを買った時に、巫女さんに、遷宮ってどこが変わったのですか?
と聞いてみると、ハイ、本社の屋根をふき替えました。との事、、、。
「ああ~~、なるほどです~~。屋根だけね。」どうりでわからないはずです。
だって、屋根は真っ黒です~。そういえば新しいような、、、。

お伊勢さんとは違うんですね~~~。知らなかった~。
でも、しっかりとお願いしてきました~。

お参りを済ませて、名残惜しいですが、今夜の宿泊地の松江に向かいました。
出雲、松江、足立美術館 056 (400x266).jpg

今回の旅行の第2の目的の松江城に向かいます。
連休の初日とあり、かなりの込み様な道を進んで、宍道湖に到着。
今夜の宿泊先の「皆美館」。
出雲、松江、足立美術館 253 (400x266).jpg

まだ12時過ぎなのに、お迎えの方が出てきて、「いらっしゃいませ」
「あの~今夜宿泊する○○ですが、、、。まだはやいですが、、、。」すぐに、番頭さんらしき方が、「どうぞどうぞ、お荷物も持ってロビーへ。お茶等されてから観光に行かれて下さいね。」
何とも手慣れた対応、、、。感心しました~。御茶を頂いていると、「お荷物は、御部屋に運んでおきますので、ゆっくりと観光をしてきてください」との事。

早速、徒歩2分位の所にある、遊覧船の船着き場をし教えて頂き、遊覧のパンフまで頂き、宿を出ました~。
出雲大社 (20).jpg

遊覧船と言っても13人乗りの小さな渡し船のようなものが、御濠を一周するコースが数多く走っています~。1日乗り放題です~。1人1280円だったかな?
出雲大社 (21).jpg

出雲大社 (22).jpg

お堀の水は、宍道湖から引いているみたいで、当然お城を囲むようにめぐっています~。
お城も見えてきます。
小泉八雲の旧邸宅やも見えます~。
出雲大社 (23).jpg
幾つもの橋もくぐります。
出雲、松江、足立美術館 150 (400x266).jpg
橋によっては、船の屋根を傾けて、人も腹ばいに寝転がらないといけないところもあります。
また、舟幅いっぱいの所もあり、そこそこ楽しめます~。
出雲、松江、足立美術館 149 (400x266).jpg

30分ばかり進んだところに、松江城の停泊所つきます。
いよいよお目当ての松江城です。
現存天守の一つで、これで、まだ行っていない現存天守は、弘前城のみとなりました~。

何とも綺麗な姿、、、。
出雲大社 (26).jpg
出雲大社 (25).jpg

内部も昔のままのようで。
出雲大社 (27).jpg

座間もあります~。
出雲大社 (28).jpg

天守閣の上からの眺めです。
出雲大社 (29).jpg

いい感じの庭も、、、。
出雲大社 (30).jpg

名残惜しいですが、松江城を後に、、、。また舟に乗って、宿に向かいました~。
最後の橋は、舟幅いっぱいで、この通りです~。
出雲大社 (32).jpg

御宿の様子は、次回お伝えいたします。
ご来訪ありがとうございました。






nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ホテルリッジ{食事編} [ホテルリッジ]

新居のLAN調子が悪くて、時間が経ちました。スミマセン。m(__)m


食事は、歩いて4.5分の所に、古い建物を移築したものがあります。
台風のような天気ですので、リムジンにて、送迎してもらいました。初めてのリムジン。30秒ほどですが、リッチな気分。

建物は、いかにもレトロ~~~。
ホテルリッジ 1 (37).jpg

大きな花が活けて有ります。
ホテルリッジ 1 (38).jpg

何とも懐かしい昔のお部屋でしょうか。
ホテルリッジ 1 (39).jpg

外は大荒れ、、、。
ホテルリッジ 1 (40).jpg

ガラスも昔ガラスのようで、歪んでます~。
ホテルリッジ 1 (41).jpg

サービスもとっても丁寧で、好感が持てます。
給仕にもそつなく、とっても快適です。

お食事の内容も素晴らしいのひと事。
マニュアルどうりでなく、いたって自然です。一流ホテルのマネージャーが給仕してくれるみたいです。とってもいい感じです。
ホテルリッジ 1 (42).jpg


お食事は、和食。とってもいいものです。
ホテルリッジ 1 (43).jpg

まずは、お勧めのお酒から、、、。ちょっと甘かった、、。でもいい甘さです。
ホテルリッジ 1 (44).jpg

まずは、アオリイカの酒盗ずけを炙って頂きます。雅楽倶にも以前こんな料理があったような、、、。
焼き上がりです。柔らかく、お味も文句なし。
ホテルリッジ 1 (45).jpg

八寸です。きれいです~。
どれもこれも美味しくいただけます。
ホテルリッジ 1 (47).jpg

ホテルリッジ 1 (48).jpg

続いて、お吸い物です。鱧です。
お椀も茶事のように濡らしてあります。なんだか高価に思えます~。
熱々が出てきました~。

ホテルリッジ 1 (52).jpg

ホテルリッジ 1 (49).jpg

ホテルリッジ 1 (53).jpg


お代わりは、私は白ワイン、妻君は梅酒のソーダ割り。
ホテルリッジ 1 (50).jpg
ホテルリッジ 1 (51).jpg

お刺身です。これもまた美味、新鮮です。特に雲丹は絶品です。
ホテルリッジ 1 (54).jpg

次に、太刀魚の幽庵焼、これまたとっても美味しいです~。アツアツで味付けも文句なし。
ホテルリッジ 1 (55).jpg
ホテルリッジ 1 (56).jpg


阿和牛のフィレ焼。何とも味のあるお肉でした~。
ホテルリッジ 1 (57).jpg

ホテルリッジ 1 (58).jpg
ホテルリッジ 1 (59).jpg


最後には、阿波尾鶏?阿波踊りにかけているみたいです~。
ふかひれもついてこれも美味

ホテルリッジ 1 (60).jpg

〆は、鯛めしです。
ホテルリッジ 1 (61).jpg

鯛のうしお汁と一緒に供されます。普段は、ご飯はお代わりしないのですが、今回は、お釜の鯛めしを完食いたしました~。
今まで食べた鯛めしの中で一番でした。
ホテルリッジ 1 (62).jpg
ホテルリッジ 1 (63).jpg
ホテルリッジ 1 (64).jpg

デザートも大変おいしく頂ました~。

ホテルリッジ 1 (65).jpg
ホテルリッジ 1 (66).jpg

お食事に関しては、あまり期待していなかったのですが、.設備も良く食事も最高においしい宿です。全て満足なお宿になりそうです。

室内にも古い調度品が沢山ありました。何とも落ち着いた食事でした。
ホテルリッジ 1 (68).jpg

ホテルリッジ 1 (69).jpg

ホテルリッジ 1 (87).jpg

続いて、朝食です。
翌日は昨日と打って変わって、晴天です。
ホテルリッジ 1 (70).jpg

ホテルリッジ 1 (73).jpg

昨日と同じ場所で提供されます。

豆乳とお茶お水が見えます。この豆乳、とっても飲みやすくて、少々苦手だった私たちにの口に合いました。どのようなものか聞いてみると、大塚製でした~。市販もされているみたいで、以来、我が家でもスーパーで購入して愛飲しております。

ホテルリッジ 1 (75).jpg

ご飯に酢の物やサラダ、どれも美味しいです。
ホテルリッジ 1 (84).jpg


真ん中から、お豆腐、大根、いくら、山芋、サーモン、ジャコなど、どれも美味。
ホテルリッジ 1 (76).jpg

そして後から出てきた、アサリの味噌汁、とっても大振りでアツアツです。とっても美味しかったです。
ホテルリッジ 1 (83).jpg

そして最後に出てきたのが、これ、、、。
この西京漬は絶品です。今まで食べたもので最高においしかったです。
緑と白のアスパラも美味。

ホテルリッジ 1 (82).jpg



デザートです。
ホテルリッジ 1 (85).jpg

最後にコーヒで終了です。
ホテルリッジ 1 (86).jpg


こんなにおいしい食事なのに、あまり書き込みが無いのは何故なんでしょうか?
私の情報不足なのか、、、。
ホテルリッジ 1 (81).jpg


昨日の大荒れのお天気がうそのような快晴の日になりました。この後お目当ての大塚美術館に向かいました。

今回は、大塚美術館に行くための宿泊した宿でしたが、ここを目的に宿泊しも良いほど大変気に入った宿になりました。是非ともまた行って見たいと思っています。

ホテルリッジ 1 (89).jpg




nice!(7)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ホテルリッジ{施設編} [ホテルリッジ]

引っ越しも、ひと段落致しました。ただまだまだ片付いていませんが、、、。
気分転換にドライブがしたくなり、以前祖谷温泉の帰り道に見つけた、大塚国際美術館に行って見ることにしました。ただ、近辺に旅館があまりありません、以前行った天原がありますが、ほかを探しました。見つけたのが、ホテルリッジ。
ホテルですが、大浴場に天然温泉があるみたいです。あまり口コミも無かったので少々心配でしたが、泊まって大正解でした。

当日は、あいにくの天候で、大橋が二輪車通行止めになるくらいの暴風雨でした~。
金沢から約4時間のドライブでした~。

当日は、暴風雨でしたので、外の写真が撮れませんでしたので、外部の写真は、全て翌日のものです。

フロント棟です。小さな建物です。前に泊まっているリムジンで、離れている食事棟に運んでもらいました~。
ホテルリッジ 1 (1).jpg

左手の唯一の2階建ての建物は、大浴場とエステルーム棟です。みな真っ黒です~。
ホテルリッジ 1 (2).jpg

部屋数は、全部で10室、60㎡から65㎡です。洋室と和室があります。離れになっており平屋です。
ホテルリッジ 1 (3).jpg

どの棟とも渡り廊下でつながれていて、雨でも大丈夫です。当日は、暴風雨でしたが、あまり雨には当たりませんでした~。
ホテルリッジ 1 (5).jpg
ホテルリッジ 1 (6).jpg

とっても静かな場所にあります。
ホテルリッジ 1 (7).jpg

泊まったのは、洋室の107号室。玄関アプローチです。
ホテルリッジ 1 (9).jpg
ホテルリッジ1(8).jpg

長い!土間が続きます。
ホテルリッジ 1 (10).jpg

お部屋は、かなり広いです。ソファーと高床のベット。
ホテルリッジ 1 (11).jpg

ホテルリッジ 1 (12).jpg

窓の向こうは、大橋が見えますし、鳴門が一望です。
ホテルリッジ 1 (13).jpg

係りの方の説明では、大塚美術館と同様、このホテルも大塚系列なのだそうです。どおりで、大塚美術館からも近いですし、宿泊プランの中に、美術館入場券付のプランがあったのもうなづけます。

それゆえ、冷蔵庫の中身は、全て大塚製薬製です~。しかもすべて無料ですとの事。
しかもすべてお持ち帰りくださいとの説明でした~。もちろん持ち帰りました~。シャンパンも無料です~。何故か、アサヒのスーパードライが、、、。之も無料です~。
ホテルリッジ 1 (21).jpg

立派な湯沸しポットです。
ホテルリッジ 1 (20).jpg

もちろんコーヒや紅茶やお茶などもあります。これも無料です。
ホテルリッジ 1 (22).jpg

このパジャマ、とっても着心地が良かったです~。
ホテルリッジ 1 (23).jpg

立派なハンガーもあり、設備はすごいです。
ホテルリッジ 1 (24).jpg

お部屋のお風呂場も広いです。バストイレ共用スペースです。
ホテルリッジ 1 (14).jpg

トイレは、少々広い空間が恥ずかしいです~。
ホテルリッジ 1 (15).jpg

アメニティも豊富です。
ホテルリッジ 1 (16).jpg

ホテルリッジ 1 (17).jpg

ホテルリッジ 1 (18).jpg

あいにくお部屋のお風呂は、温泉ではありません。
ホテルリッジ 1 (19).jpg

続いて大浴場です。御部屋から渡り廊下で、30秒くらいです。入口には、きれいなお花が、、、。
ホテルリッジ 1 (25).jpg

エステの受付らしいです。
ホテルリッジ 1 (26).jpg

エレベーターで、2階に上がります。待合があります。
ホテルリッジ 1 (27).jpg

男風呂の洗面です。
ホテルリッジ 1 (28).jpg

タオル類も豊富です。
ホテルリッジ 1 (29).jpg

ロッカーです。
ホテルリッジ 1 (30).jpg

浴槽は室内と露天の2か所あります。
あまり大きくありませんが、湯の華もあり、間違いなく温泉です。
ホテルリッジ 1 (32).jpg

妻君によると、女風呂は、浴槽が3つあるようです。
ホテルリッジ 1 (33).jpg

成分表です。癖のない気持ちの良いお風呂でした~。
ホテルリッジ 1 (35).jpg

もちろんここにも無料の飲み物が、、、。ポカリとクリスタルカイザー、、、、ほかに見た事もない新商品が、、、。
ホテルリッジ 1 (36).jpg

ゆっくりとお風呂の後、お部屋でのんびり過ごしました。当日は、暴風雨で部屋から出れませんでしたが、とってものんびりできました~。

次回は、お勧めのお料理編です。とっても良かったです~。
ご訪問ありがとうございました。

ima
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

完成そして、引っ越し。 [トピックス]

ご無沙汰しておりました。
引っ越しや、仕事が立て込んで、なかなかアップできませんでした~。
ようやく建物も出来上がり、引っ越しも終わりました~。
でも、引っ越しはもう懲り懲りです~。(~_~;)

建物の外観です~。どうにか完成です。

1 (1).jpg

向かって正面左側が、我々の終の棲家です。2階建てですが、車庫が大きいだけで、間取りは少ないです。

1 (2).jpg

右側の建物は、息子の部分になる建物です。1階が事務所で、2階が彼のすみかになります。

1 (3).jpg

駐車場は、ゆったりと3台。詰め込むと6台は入ります。

1 (4).jpg

1 (5).jpg

1 (6).jpg



あまりこだわりは無かったのですが、音の問題だけは注意してお願いいたしました。
通常よりも厚い断熱材を使い、そのうえ床に使用する遮音マットを壁にも採用してもらいました。おかげで、静かな家になったと思います。

玄関には、妻君の趣味の手毬が飾ってあります。特注の棚です。
1 (7).jpg

脇にもあります~。
1 (8).jpg

間取りは、いたってシンプルです。
我々が住む母屋は、1階は、水回りと30畳ほどのリビングダイニングのみ、2階も寝室と私の仕事部屋のみです。

1 (9).jpg

壁一面に飾り棚を設置してみました。

1 (10).jpg

キッチンです。これも普通ですね。

1 (11).jpg

唯一の和室です。りびんぐから繋がってます。両親の仏壇設置したかったので、4.5畳の和室を作りました。

1 (12).jpg

1 (13).jpg

水回りです。ユニットバスで、普通のものです。

1 (14).jpg

1 (15).jpg


我が家の方は、モノトーンで統一しました。床まで白いので、住宅メーカーさんも当初は心配していましたが、出来上がりは結構良かったと思っています。

息子の方は、1階が事務所、2階は、水回りとリビングダイニングと寝室のみの建物です。
2世代住宅です。2階部分は、全く離れていますが、1階の事務所と母屋のリビングが、納戸でつながっています。


事務所は、落ち着いた感じとなり、ゆっくりと相談してもらえると思います。

1 (16).jpg

事務所の給湯場です。
1 (17).jpg

息子の方は、アイボリーが基調となっております。これもまた良かったと思います。

1 (18).jpg

1 (19).jpg

思ったより広く出来上がりました。後はお嫁さんだけなのですが、、、。

1 (20).jpg

1 (21).jpg

1 (22).jpg

1 (23).jpg

まだまだ片付いていませんが、ボチボチやっていくつもりです。

しばらくご無沙汰でしたが、またよろしくお願いいたします。m(__)m





nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

還暦 [トピックス]

実は、一昨日、私の誕生日でした~。
何人かのブログのお友達からお祝いをいただき感謝です。

そんな折、2週間前に息子から、「18日予定ある?」「何かおいしい物食べに行こう」と連絡があり、「ん、君に任せるよ~~。」と私。何となくワクワク(^_-)
「誕生日と還暦のお祝いしようよ。」息子の気持ち嬉しいです~。
当日タクシーで迎えに来てくれ、片町へ。どうやらフレンチらしいけど、どこかな~~~。
息子はどんどん武家屋敷の方向へ歩いています。「こんな所にフレンチあったかな~?」と妻君と話していると。なんと案内されたのは、こじゃれた小さなフレンチレストラン。予約のみで、コース料理のみのお店。
初めてです~。しらなかった~~。
それぞれの席に着席。

今日の招待者の息子。30歳。独身。お嫁さん募集中です~。
1 (1).jpg

妻君です。時々旅館紹介時に姿が見えます~。
1 (2).jpg

そして私、還暦、、、、。何となくめでたいのか、老人の仲間入りで悲しいのか、複雑です~。
1 (3).jpg

テーブルはこんな感じ。シックです~。
1 (4).jpg

ここで、息子から、「還暦のお祝いです。」「いろいろ悩んでこれにしました。」と息子。
何やら熨斗紙の付いた箱をくれました~。
2 (1).jpg

真赤な包み紙、、、。「ん?この色、、、、」もしかして、、、。このリボンの柄は、、、、。
2 (2).jpg


お~~~、やっぱり~~~。はね馬ではないですか。フェラーリレッドです。
2 (3).jpg

中も真赤。なんだろう、、、。こればかりはわかりませんでした~。
2 (4).jpg

お~~~。フェラーリのグローブ。「嬉しい」「有難う」感激です~。私の大好きな物、知っていてくれました~。こんな感激、、、、、。一寸ウルウル、、、。
息子からこんな贈り物をされるとは夢にも思っていなかったので、ホント感激しました~。
何よりの贈り物です~。ありがとう。
2 (5).jpg


そして、感激も収まらないうちに、お食事が始まりました~。なんとなく照れくさくて、「ワイン何にする?」と私。

まずは、前菜。蟹と野菜のマリネをパイ生地で挟んだもの。
1 (5).jpg

青葉とホタルイカのサラダです。ソースがとっても美味しいです。
1 (6).jpg

帆立と肝のサラダ、何の肝かは不明。
1 (7).jpg

グラタンです。とっても濃厚で、美味しい一品です。
1 (8).jpg

ブロッコリーと帆立のソテー。バルサミコソースです。
1 (9).jpg

真鯛のクリエ。とってもサクサクで美味しいです。
1 (10).jpg

フォアグラのソテー。大好物なのですペロリて食べました。
1 (11).jpg

ステーキと蓮根のソテー。蓮根がとても美味。ステーキも小さいですが、味があり美味。
1 (12).jpg

ちょっと変わった、リゾット。大変美味
1 (13).jpg

そして、紅茶も美味。
1 (14).jpg

デザートまであり、この品数。何とも贅沢な時間でしょう。
1 (15).jpg

一寸最初に感激しすぎて、御料理の内容が不確定でスミマセン。
ワインも1本空けてしまいました~。
ランチもしているようなので、今度行って見ようと思っています。

ここで終わりかと思ったら、「もう一軒つきあってね。」と息子。
いつも行っているバーに連れて行ってくれました~。柿の木畠にあるバーです。

とってもいい雰囲気で、いい匂いのするバーです。「いつも息子がお世話になっています。」
と私。「いえいえ、先生にはこちらの方が、お世話になっております。」とオーナー。
何とも腰の低いオーナー。話している内に、なるほどな~と思う人柄でした。

1 (16).jpg

ここでも、驚きの逸品。ジャックダニエルのボトル。しかも、1954年モデル。私の生まれ年のものです。
1 (17).jpg

オーナーが、わざわざ探してくれたそうです。これまた感激です。オンザロックで、息子と一緒に飲み明かしました~。とってもいい時間が流れますです。息子と飲むお酒がこんなにおいしいとは。私は幸せ者です。
何とも言えない時間が静かに流れ、いい夜だな~~~~。

昔のことわざで、「親は無くても子は育つ」と言うのがありますが、何もしてやれない情けない親ですが、子供は日に日にたくましく成長してくれています。子供の頃は、少々優しすぎる子かな?と思っていたのですが、
今では、優しさだけでなく、たくましい男になってくれました。もう何も言う事はありません。

本当に嬉しい還暦の祝いの夜になりました。こんなに幸せな気分は、初めてかもしれません。なんとなく、還暦って、、、思っていましたが、こんなにうれしい事になるとは、息子に感謝です。
親バカな記事になってスミマセン。m(__)m








nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

外壁完成。 [新居計画]

少し間が空きましたが、新居も順調に進行中です。

室内はまだまだまだですが、すこしおへやらしくなってきました。

1 (1).jpg

何やら青いパイプがあります~。なんだろう、、。

1 (2).jpg

配管が凄いです。

1 (3).jpg

1 (4).jpg

床下は、シンプルです。

1 (5).jpg

1 (6).jpg

家じゅうに走っている青やベージュのパイプは、結露防止のための、熱交換型の換気システムらしいです~。24時間動いているみたいです。

1 (7).jpg

台所の床暖房パネルです。

1 (8).jpg

リビングダイニングにもあります。

1 (9).jpg

電気やLANケーブルも、縦横無尽に走っています。

1 (10).jpg

階段も出来ました。

1 (11).jpg

何やら不足機材があるらしく、紙が貼っております。

1 (12).jpg

外観も出来てきました。
1 (13).jpg

1 (14).jpg

ガレージのシャッターです。ちょっと変わったものにしました。息子側です。

1 (15).jpg

我が家の方は2台分ですので大きめ。このシャッターにはこだわりました。

1 (16).jpg

雨どいも付きました。

1 (17).jpg

そして太陽光パネルです。合計で、11KW仕様で、事業用となり、20年間の価格保証買取契約です。
12年で元が取れて、8年間は純利益となります。そのころには私はいないかも?

1 (18).jpg

1 (19).jpg

太陽光の電気配線が気になります。

1 (20).jpg

足場も取れて、全景が現れました~。
1 (21).jpg

1 (22).jpg

1 (23).jpg

1 (24).jpg

思っていたより少々色が気に入りませんが、、、。
仕方ありません。








nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雅楽倶{食事} [雅楽倶]

続いて、食事編です。
今までは、フレンチばかりで、和食にあまり興味が無かったのですが、今回は、思い切って和食に挑戦してみました~。結果は大正解でした~。こんなにおいしかったなら、もっと初めから和食にしておけばと思いました。

良く聞いてみると、契約しているお店が、祇園の佐々木さんとの事、、、。なんだか聞き覚えのある名前と思ったら、先日TVで、今京都で予約の取れない和食屋さんとして放送されていたお店でした~。
なんでも、3年契約の今年が3年目で、来年の3月20日に和食部門が無くなるそうです~。悲し。

和食の食事室は、新館のBF1に有ります。階下の正面になり遣ら綺麗なものが、、、。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (1).jpg

アップで見ると、、、、、。すごいです。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (2).jpg

入口に、本日の御献立が、、、。でも、結果的に出てきたものは、全く違うものでした~。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (3).jpg

広間の食事室はこんな感じです。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (4).jpg

通されたのは、個室です。川面がきれいな特等席です~。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (5).jpg

しつらえも綺麗。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (6).jpg

本日は、メンバーの特典である、結婚記念日のプランもつけてもらっています。ケーキです~。翌日のお昼ご飯になりました~。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (8).jpg

最初に出てきた車海老と帆立の御料理です。そこには、茶わん蒸しのようなものが、、、。お出汁のお味で、ここは美味しいと感じさせるものです。雅楽倶 109 (500x375)2-1 (9).jpg

お酒も冷酒で、、、。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (10).jpg

なんとなく豪華な雰囲気です~。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (11).jpg

次に出てきた椀物。アマダイ(ぐじ)と、蕪の椀です。赤いのは、口子です。お出汁が絶妙で、アツアツです。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (13).jpg

そして特別な御料理、お刺身内いですが、北寄貝の酢の物、寒ブリ、さわらの炙り、クエの刺身、中トロのニギリ、雲丹のニギリなどで、目も楽しんで、お味も抜群です。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (15).jpg

板長さんがいらして、一品ずつ説明してくれました~。我々の為に今日仕入れたものらしいです~。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (14).jpg

ここでお酒も変わりました。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (16).jpg

見た事のないグラスです。極薄で、使うのをやめました~。こわれそうでして、、、、。小心者です~。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (17).jpg

大根の風呂吹き。口変わりだと思います。さっぱりと美味
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (18).jpg

海老芋の天ぷらと鮟肝のソテー、、、。何とも美味。海老芋がこんなにおいしいとは。
鮟肝も、こんな食べ方初めてです~。フォアグラのソテーのような味わい。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (19).jpg

そして、牡蛎のグラタン。葱がたっぷり入っていて、アツアツで、プリプリの牡蛎がなんとも言えませんでした~。やけどしそうでしたが、とっても美味しい。これくらい熱い方が私にはぴったり。牡蛎も過熱しているのに、小さくなっていません。大きくプリプリです。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (21).jpg

そして、最後に〆です。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (22).jpg

何やら、大きなお皿が、、、。何だろう?
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (23).jpg

そして、板長さんが再登場。
これもまったくの特別で、祇園佐々木で有名な、ズワイガニのチャーハンです~。これ、絶品です。今まで食べたものの中で、最高においしいものでした~。足だけでなく、蟹味噌もたっぷり入れてくれたみたいで、濃厚です~。しっとりとしていて、私好みです。ぱらぱらチャーハンが嫌いな私です。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (24).jpg

あまりに美味しいので、残りは、おにぎりにして頂きました~。御夜食用です~。しっかり食べました~。冷えても美味しいです~。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (25).jpg

デザートです。これも凝っていて、フルーツパフェ仕立てです。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (26).jpg

もう申し分のない、和食でして、これが無くなるのは大変残念です~。


さて翌朝は、旧館のレストランで、いただきます。いつものフレンチの場所です。定番の食事です。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (27).jpg

箸休めです。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (28).jpg

1の重は、洋風です。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (30).jpg

2の重は、和風です。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (31).jpg

ご飯は、予約時間に合わせて炊き立てです。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (32).jpg

タジン鍋の中は、豆乳鍋です。
雅楽倶 109 (500x375)2-1 (34).jpg


以上朝食は、以前とあまり変わっていません。夕食が美味しいだけに、朝食は、いまいちでした~。
でも、この宿もこれから大変化が起きるみたいで、良い方に変化してもらえれば良いなと思っています。
フレンチも、和食撤退を機に、今までの御料理とは違うものを模索中との事でした。
私としては、以前のフレンチに立ち戻ってほしい旨を伝えて、帰宅いたしました。

なお、京都に撤退した後、ここの板長さんが経営するお店や、お勧めのお店を書き出してもらいましたので、行って見たいと思っています。

今年ももうあと3日ほどです。新年ももうすぐです。
皆様も良い新年をお迎えください。





nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雅楽倶{施設} [雅楽倶]

退院を祝って?と、結婚記念日を兼ねて、雅楽倶に、行ってきました。

今回は、フレンチではなく和食をお願い致しました~。
これが大正解でした~。なんと、今京都で、予約の取れない和食で有名な、祇園佐々木の料理人が料理長を務めていたのです~。料理の途中で、2回も出てきてくれました~。

そして、御料理もメニューとは全く違うものを提供してくれました~。
本日の予約は、2組。そして和食は、私たちだけでしたので、特別料理を出してくれたそうです~。感謝~~~。普段の行いが良かったのか、退院のお祝いか、、、。本当に凄いお料理で、美味しかったです~。

今回は、初めて1階のお部屋に泊まりましたので、少々お部屋の紹介をしたいと思います。
期間限定の雅楽倶三昧プランで宿泊しました。
このプランお部屋の指定はできませんが、大変お安くなっています。
御料理も、グレードアップしております。

新館のCクラスのお部屋です。1階は、温泉となっています。

いつものロビーです。
1-1 (1).jpg

暖炉もお出迎え。
1-1 (2).jpg

旧館のロビーです。
1-1 (5).jpg

ここには、こんな綺麗なあめ細工が。
1-1 (4).jpg

1-1 (3).jpg

そして、初めての112号室の玄関。
1-1 (10).jpg

下駄箱までは、ほかのお部屋と同じです~。
1-1 (9).jpg

入って、左側には、和室が、、。6畳くらいかな?
1-1 (6).jpg

右側には、リビングが有ります。広いです。
1-1 (7).jpg

水屋には、冷蔵庫、お茶セット、コーヒーメーカーなど設備は、充実してます。
1-1 (8).jpg

和室には、クローゼット。
1-1 (11).jpg

リビングの隣には、ベットルーム。ここは改装されています。
1-1 (12).jpg

洗面は、2台です。
1-1 (13).jpg

温泉のお風呂です。循環されていますが、1畳ほどありとっても広いです~。
1-1 (14).jpg

リビングには、色々な隠し戸棚があります~。
1-1 (17).jpg

トイレも綺麗です。
1-1 (20).jpg

妻君は、ゆったりと、、。
1-1 (21).jpg

冬のダム湖です。
1-1 (23).jpg

大浴場のマッサージチェアーは、健在です。
1-1 (24).jpg

お部屋の洗面は、ちょっと変わっていて、鏡から蛇口やレバーが出ています~。
1-1 (25).jpg

設備は簡単ご紹介しました。まだ傷が完全ではないので、ゆっくりとは御風呂に入れず、頭も自分では洗えないのですが、温泉はやっぱりいいです~。のんびりと師走の1日を過ごしました、。
温泉には、5回入り、自分では傷周りをを濡らさずに、洗髪できないので、妻君に頭を洗ってもらいました~。
絆創膏を替えるのも自分で出来ないはがゆさに、少々閉口しました~。

でも、次回ご報告いたします、お料理編で、全てが吹っ飛びました~。もっと早く来ていればよかったです~。
なんでも、来年3月20日で、雅楽倶との契約が終了、祇園佐々木の和食は、無くなってしまうそうです~。
祇園佐々木は、今京都で予約が取れないそうです~。
もう一度3月までには、来たいと思っています。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

入院 [トピックス]

ご心配をおかけいたしましたが、無事退院をしてまいりました。
人生はじめての入院と手術でしたが、どうにか帰ってまいりました。
御部屋は、このようなお部屋でした。希望の個室が用意されていました。空きが無くて大変だったみたいです。
入院当日、麻酔医よりの問診と注意がありまして、、、、。「喫煙者は、麻酔から覚める時大変ですので、頑張って下さい。」また、看護婦さんからも同様の言葉を掛けられ、少々落ち込みました~。

004 (500x375).jpg

一応ソファーもありまして、、、、。
003 (500x375).jpg

006 (500x375).jpg

洗面と冷蔵庫です。
001 (500x375).jpg

ユニットですが、トイレとお風呂があります。
002 (500x375).jpg


入院当日に、お風呂に入り、夕食が最後で、手術当日は、断食と断飲です。手術は、午後一番だそうです。
手術当日、12時に、手術着に着替えをして待っていると12時15分に、看護婦さんが、ニコニコしながら、やってきて、「胃の働きを止める注射と、精神を安定させる注射をします。」「かなり痛いですよ~、筋肉注射ですので、、」。うわ~~~~、どうしよう、、、。
言葉通り、かなり痛かった~。でも、不覚にも、精神を安定させる注射で、すでに爆睡した私です~。恥、、、。

もうろうとした中、手術室にベットのまま運ばれ、妻君の「頑張ってね。」の言葉を聞きながら、手術室へ、、、、。自分で、手術台に乗ったことを覚えているのですが、気がついたら、自室に戻っていました~。

手術時間は、約4時間だったみたいです。自室で、最初に言った言葉が、股間が痛い事でした~。「管を取って下さい~~~~。」尿道に管が入っていたのです~。これはかなり痛かったです~。でも、そのあとは全然覚えていません。どうなったのか、朝起きると、管はありませんでした~。手術の傷よりもこちらの方が痛かったみたいです。

看護婦さんから、「最初に、起き上がるときは、必ず私たちを読んでくださいね。」と、念を押されたのに、一人で、トイレに起きたことで、看護婦さんから厳しく怒られました~。「術後すぐに起きると、倒れる人が多いのですよ。ダメです。」トホホ、、、(´・ω・`)ショボーン。

手術後、妻君や息子とは、普通に会話していたみたいですが、全く何を会話したのか覚えていません。麻酔は怖いです~。翌日からは、普通に生活していました。

また、一番気にしていた、麻酔の覚めるときの、せき込みもなく、すべて順調に経緯しております。看護婦さんも、「不思議ですね。喫煙者は、タンがからんで、せき込んで、タンが出せなくて、夜中大変なんですが、、、、。」怪訝な顔。「○○さんは、特殊ですね。」しんどくなくてよかった~。


しばらく経過観察のため、通院が必要みたいですが、精研の結果、ワルチン腫瘍と言うもので、良性腫瘍との事でした。梅干しくらい(33×28×19)の大きさがあり、先生も、「思ったより大きかったですね、いい時に切除しましたね。大きくなると大変でしたよ。」との事で、本当に良かったです。

傷は、思ったより大きくて、耳の際からSの字に、首まであります。傷は、全長8センチくらいあります~。
写真もありますが、あまり気持ちの良いものではないので、掲載いたしません。

翌朝から食事が出ました、でも、おかゆです~。少々苦手です~。
病院の食事です。美味しい訳がありませんね。
007 (500x375).jpg

何とも味のない食事です。半分以上残していました~。(´・ω・`)ショボーン
016 (500x375).jpg

おかげで、血圧が、かなり下がり、薬を飲まなくても、上115、下65に、なってしまいました。塩分のせい?
017 (500x375).jpg

どうにか、1週間で、退院して来ました~。かなり耳の周りが痛いですが、退院して、ホッとしております~。

しばらく建築現場に行っていなかったのですが、大きな変化はありません。
2013年12月9日壁面 022 (500x332).jpg

建物の周りに、薄い白い囲いが、、、。大工さんに聞くと、防雨シートだそうです。これは、雨だけしのいで、空気は通すそうです。面白い。
2013年12月9日壁面 023 (500x332).jpg

2013年12月9日壁面 024 (500x332).jpg

2013年12月9日壁面 027 (500x332).jpg


屋根は完成したみたいです。良かった~。
2013年12月9日壁面 041 (500x332).jpg

2013年12月9日壁面 051 (500x332).jpg

2013年12月9日壁面 052 (500x332).jpg



nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

上棟開始 [新居計画]

いよいよ、上棟が始まりました。

天候が不順でしたが、おかげさまで、上棟の3日間は、大雨ではなく工事も順調です。
それにしても、上棟が3日もかかるなんて、思いもよりませんでした~。

基礎の上に、柱が立っていきます。
上棟 (500x332)1 (1).jpg

上棟 (500x332)1 (2).jpg


それにしても柱が多いです~。
上棟 (500x332)1 (3).jpg

1日目は、1階部分ができました~。
上棟 (500x332)1 (5).jpg

2日目は、2回部部分に取りかかったみたいです。
上棟 (500x332)1 (6).jpg


上棟 (500x332)1 (7).jpg


母屋の2階部分です。
上棟 (500x332)1 (8).jpg

上棟 (500x332)1 (9).jpg
上棟 (500x332)1 (10).jpg

母屋の2階の完成です。
上棟 (500x332)1 (11).jpg


事務所兼息子の居住部分が完成です。

上棟 (500x332)1 (12).jpg

上棟 (500x332)1 (13).jpg

どうにか、家らしくなってきました~。

上棟 (500x332)1 (14).jpg

上棟 (500x332)1 (15).jpg

3日目に入りました。
上棟3日目 (1).jpg

3日目は、屋根部分です。
上棟3日目 (2).jpg

上棟3日目 (3).jpg

片流れの屋根の予定です。

上棟3日目 (4).jpg

屋根の勾配が見えてきました~。

上棟3日目 (5).jpg

上棟3日目 (6).jpg



上棟3日目 (7).jpg

ソーラーを母屋部分と息子の屋根に2基載せる予定です。これで。11KWで、業務用に認定されるみたいです。

建ってみるとなんだか大きいです~。こんなになるとは思っていませんでした~。

上棟3日目 (9).jpg

どうにか上棟も終わり、明日は屋根部分の工事課らしいです~。
冬に向かっており、積雪が心配です。

屋根部分の工事が始まりました~。

006 (500x332).jpg

ガレージ部分です~。
003 (500x332).jpg

どうにか屋根は張れたみたいです。

001 (500x332).jpg

002 (500x332).jpg

009 (500x332).jpg

でも、側面は、まだスカスカです~。

004 (500x332).jpg

005 (500x332).jpg


今日も雨です。屋根に、ガルバリュウム鋼板を張り付けるらしいのですが、いつなんだろう。雨つづくみたいですし、、、。

今週で、どれだけ進行するか、来週は、入院の為現場に行くことが出来ません。
なんだか心残りですが、安全に工事が進むことを祈っております。

初雪も観測され、寒い日が続いております。早く側面の壁も出来上がり、大工さんのお仕事の支障にならないよう工事が進むことを祈っております。

来週から入院の為、工事も見に行けませんし、ブログもしばらくお休みです。
皆さんの所にも訪問できませんが、無事に退院してきましたら、またお邪魔致しますので、よろしくお願いいたします。人生はじめての手術で、少々気分が落ち込んでおります。

では、またお会いできる日を楽しみにしております。

いつも皆様有難うございます。m(__)m
しばしのお別れです。感謝。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

かわせみ食事編「花圃」 [かわせみ]

さてお目当ての食事です。

9月も来ようとしましたが、満館でした~。
今月も美味しそうです~。
準備が進みます~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (3).jpg

2013年11月17日かわせみ 食事編1 (2).jpg

お品書きです~。期待が高鳴ります。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (1).jpg

まずは、国権のお酒と、自家製のからすみと大根です。今日できたてのからすみだそうです~。ラッキー( ^^) _U~~ そしてなんとも美味(#^.^#)
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (4).jpg

今回から、お酒のレパートリーが倍くらいに増えておりました~。今回は、「雪小町袋吊り」と言うお酒をたのみました。氷も注文。最近は、オンザロックで飲むようになりました~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (5).jpg

河豚の湯引きです~。皮はもちろん、身もこりこりの物があります~。いい歯ごたえです。やっぱりここはいい。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (6).jpg



綺麗な螺鈿を施した御椀です。初めて見ました~。2013年11月17日かわせみ 食事編1 (7).jpg

中身は、アマダイ白子の豆腐椀。何とも上品でふわふわトロトロの豆腐です。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (8).jpg

御部屋を暗くして、、、、、。何とも秋らしいしつらえです。器の中は、LED電球らしいです~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (9).jpg

明かりをつけると、なんと華やかな、、、。いつも今月の特選と同じくらい、これが楽しみです。
左から、「フォアグラの最中リンゴ入り」「イカのトマトソース」「むかごの白和え」柿の茶わんは、「子持ち昆布」「白梅貝」真ん中の茶色いものは、「レバーとクルミのパテ」右下は、「河豚の唐揚と牛蒡とチーズの春巻き」
どれもこれも美味。これでもうお腹いっぱいになります~。
でもこれからメインが始まります。いつもながら、目も楽しませてもらえます。

2013年11月17日かわせみ 食事編1 (10).jpg

続いてお造りです。まずは、鮪。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (11).jpg

そして平目です~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (12).jpg

お醤油はそれぞれ違います。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (13).jpg

そして、今月の特選料理です~。
伊勢海老の贅沢蒸しです。海老1尾丸ごとです。正真正銘の伊勢海老。
海老に隠れて蕪もあります。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (14).jpg

もう一枚。フラッシュを焚くとこんな感じです~。
だし汁も最高ですし、伊勢海老もプリプリで、お酒が進んで仕方ありません。
これだけ食べに来ても良いです~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (15).jpg

定番のシャーベットです。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (16).jpg

これも隠れた特選です、「のどぐろの巻織」(のどぐろの、けんちんと読みます)
トロ~~としていて、何とも美味。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (17).jpg

綺麗で繊細な切子細工のガラス椀です。何とも綺麗。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (18).jpg

中身は、炙った鮪にみぞれ酢を掛けたもので、さっぱりとしています。あまり食べたことの無いお味で、美味。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (19).jpg

そしてお食事ですが、お肉が山葵で和えたものになっており、これもまた変わっていて美味でした~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (20).jpg

デザートは、紅茶アイスとラフランスと抹茶栗チーズケーキです。このチーズケーキは大変美味。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (21).jpg



夜が明けて朝食です。8時にお願いいたしました。鴨君たちもお目覚めです。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (22).jpg

さて、今回は、定番の棒葉味噌がありませんでした~。

その代りか、とろろが用意されていました~。

2013年11月17日かわせみ 食事編1 (27).jpg

とろろの具になるものかごはんの上段にあります。穴子や鮪や海苔などです~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (23).jpg

また、出汁巻の代わりに茶わん蒸しがありました。うえは、ほうれん草のお浸し。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (24).jpg

次のお皿は、明太子、大根おろし、お漬物等です。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (25).jpg

豆乳の代わりに、大好物の飲むヨーグルトがついてきました~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (26).jpg

いつものアサリの味噌汁です。いつ飲んでも美味しく、身が沢山あります。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (28).jpg

海苔です。中には炭が入っています。ぱりぱりです。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (30).jpg

そして、えぼ鯛です。とっても美味しいです。焼加減も丁度良いです。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (31).jpg

デザートは、定番のグレープフルーツと、初めての抹茶麩です。歯ごたえがあり上品なものでした。いつものお汁粉が無かったのが残念です~~~。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (32).jpg

コーヒーで、終了です。
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (33).jpg
2013年11月17日かわせみ 食事編1 (34).jpg


いつ来ても同じサービスなのですが、少しずつ変化があり、気づかないような改良が加わっていrます。地味ですが、なかなか出来る事では無いと思います。派手さはありませんが、いかに快適に宿泊できるかを考えているのだろうと思っています。

これからどれだけお邪魔できるかわかりませんが、体が元気なうちに何度でもお伺いしたい宿です。

今年はもう温泉には行けないと思いますが、今から来年の候補地を探していこうと思っております。


閲覧頂き感謝申し上げます。
ありがとうございます。




nice!(6)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の30件 | -