So-net無料ブログ作成
奥飛騨 雪紫 ブログトップ

雪紫 食事編 [奥飛騨 雪紫]

さて、食事編です。

1階の食事室でいただきます。一応個室となっております。
食事室に18時に行くと一番端の個室に案内されました~。
腰掛式で、いい感じです。テーブルには、すでにお料理が並べてあります~。
左から、栗カスタード、烏賊の流物黄身焼、煮サザエ、、巨峰チーズ巻、エリンギサーモン巻、蕗の茎

雪紫 2 (400x266) (2).jpg

ピース寄せ。(グリンピースのお豆腐のようなものです。)
雪紫 2 (400x266) (3).jpg

今回も、最初は生ビールです~。
雪紫 2 (400x266) (4).jpg

ここで、ちょっと間が空きました~。15分。じっと我慢です~。
赤海老、トロ、カンパチのお刺身です~。山の中なのでびっくりしましたが、赤海老は、とっても美味しかったです~。でも間が空いて一寸、、、。雪紫 2 (400x266) (5).jpg

お吸い物は、鱧らしいですがこれはいただけませんでした~。御汁もぬるいです。
雪紫 2 (400x266) (6).jpg

だんだんと食事処が騒がしくなるにつれて、出て来る御料理も遅くなり、、、、。この辺はどうにかならないものでしょうか、、、。
待つことしばし、、、。飛騨牛の炭火焼き、、、、。普通です。
雪紫 2 (400x266) (8).jpg


ここで辛口のお酒をたのみましたが、全然辛くなく、甘いくらい、、、。
雪紫 2 (400x266) (10).jpg


少々ご機嫌斜めです~。食事の間隔が開き過ぎで、、、。やっと大きなお鍋が来ました~。
雪紫 2 (400x266) (11).jpg


次は、しゃぶしゃぶ。お肉は良いものでしたが、ポン酢が、、、。雪紫 2 (400x266) (13).jpg


自然薯のすり流し。鱧の押し寿司。これは美味しかったです~。雪紫 2 (400x266) (14).jpg..


マメの塩焼きは、少々焼き過ぎで、身がパサパサでした~。雪紫 2 (400x266) (16).jpg

鉢は、卵豆腐、海老、紫蘇素麺。これはいただけませんでした
雪紫 2 (400x266) (17).jpg

酢のものです~。
水海月~そのた、、、。美味しくないです。
雪紫 2 (400x266) (18).jpg


ちりめんのご飯と漬物です。
雪紫 2 (400x266) (19).jpg

フルーツ盛り合わせ
雪紫 2 (400x266) (20).jpg



朝ご飯は、烏賊の刺身と、ホウバ味噌、卵焼きです。
雪紫 3 (400x266) (1).jpg


雪紫 3 (400x266) (3).jpg

雪紫 3 (400x266) (5).jpg

鮎の干物の焼いたものでしたが、焼き過ぎで、炭になっていて、食べられません。それもごはんが終わったころに来ました~
雪紫 3 (400x266) (6).jpg


雪紫 3 (400x266) (7).jpg


夜のお食事は、まあまあと言ったところで、ただ朝食は、いただけません。
また、従業員が少ないのか、サービス面でもよくありません。
これだけの食事に、2時間はかかりすぎです~。これなら一気に出してもらった方がどんなに良かったか、、、。再訪はあり得ません。せっかく設備投資しても、ソフト面が民宿より訳が悪いと、印象が余計に悪くなりますね。

お食事は、今一つでしたが、山間の温泉宿で、お湯も良くリラックスできました。金沢からも近く奥飛騨は良い土地柄で、また別のお宿を探してみたいと思っております。

温泉も設備も良いのに、大変勿体ない宿でした。

次回は、昨日行ってきました、蔵王の旅をご紹介いたします。


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雪紫 [奥飛騨 雪紫]

久々の遠出です。それでも、180㌔しかないので、2時間の行程です。ただ今回は、予定が詰まっていて、15時出発で、翌日は、13時までに帰宅しないといけないので、少々強行軍でした~。
加賀市の仕事の関係で、14時までかかり、金沢に急ぎましたが、通常なら、30分ほどなのに、高速道路が大型トラック3台の事故のため通行止めで、小松までしか高速を利用できず、降りた幹線道路が大渋滞で家に着いたのが、15時15分でした~。15時30分に家を出て、急ぎ奥飛騨へ。。。到着は、17時15分でした~。ぎりぎりセーフです~。

宿に着くと、お出迎え。建物の外観はかなり古いです~。リニューアルして、内装は今風に改装されています。受付を済ませ、御部屋に、、。想像よりきれいですが、案内の男衆さんは、あまり慣れていないのか、御部屋の説明もなく立ち去りました。お茶も入れてくれませんでした。あまりソフト面は期待できないみたいです。

玄関は、小さいです。
雪紫 1 (400x266) (1).jpg

ロビーの中央にある、大きな囲炉裏、朝ご飯のお魚を焼くみたいです。
雪紫 1 (400x266) (2).jpg

雪紫 1 (400x266) (3).jpg

御部屋は、401号室「宙」と言うお部屋。
雪紫 1 (400x266) (4).jpg

主室は、一応12畳くらいですが、2部屋あったものを1部屋にしたような感じです。

雪紫 1 (400x266) (5).jpg

雪紫 1 (400x266) (6).jpg

食事室がありますが、部屋食の設定は無いはずなので、何のためかわかりません。

雪紫 1 (400x266) (7).jpg

お茶のセット、旅館に来て、お茶を自分で入れるのは初めてです~・。サービスは、いまいちかな?
雪紫 1 (400x266) (8).jpg

冷蔵庫の中は、無料のドリンクが4本。ちょっとうれしい。
雪紫 1 (400x266) (9).jpg

洗面所。普通です。

雪紫 1 (400x266) (10).jpg

寝室は、「え?ダブルベット?」事前調査不足でした~。いつもツインなので、、、。少々後悔。

雪紫 1 (400x266) (14).jpg

トイレも普通
雪紫 1 (400x266) (11).jpg

押入れには、金庫と浴衣、男女各ML1枚ずつ。合計4枚。

雪紫 1 (400x266) (13).jpg

御風呂は、露天と半露天。どちらもかけ流しでした~。とっても熱くなっていて、少々加水しましたが、とっても良いお湯で、妻君も満足してました~。

雪紫 1 (400x266) (16).jpg

露天の方は、少々小さめですが、居心地は最高でした~。
雪紫 1 (400x266) (17).jpg

川と山とても気分が落ち着きます~。
雪紫 1 (400x266) (20).jpg

到着時は、晴れていて、明日晴れていたら、新穂高ロープ―ウエイに行く予定でしたが、、、、。翌朝は雨でした~。


さて、このお宿は、全てのお部屋に大小の露天風呂がついていますが、屋上には、2つの貸切露天があります。無料で利用できます。
檜風呂と、岩風呂があります。大変大きな露天風呂で、日中なら山々を眺めて気持ち良いでしょう。あいにく到着が遅れて、夜しか入れませんでしたが、大変気持ちの良いお風呂でした~。

雪紫4(400x300) (1).jpg

どちらも同じ造りの脱衣所でした
雪紫4(400x300) (2).jpg

雪紫4(400x300) (4).jpg

もう一つの岩風呂は、こんな感じです~。どちらも3畳以上ある湯船で、とても気持ちの良いものでした~。

雪紫4(400x300) (9).jpg

廊下には、こんなものが、、、。

雪紫4(400x300) (10).jpg

施設は、古いのですが、うまくリニューアルされていました。お湯も大変気持ちの良いお湯で、良かったです。
ただ、サービス面では、少々難があり、あまり洗練されていません。もうすこし気遣いがあれば再訪を考えたいところです。

次回は、お食事編をお送りいたします。また見に来てください。






nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
奥飛騨 雪紫 ブログトップ