So-net無料ブログ作成
検索選択
赤沢迎賓館 ブログトップ

赤沢迎賓館「食事編」 [赤沢迎賓館]

さて、食事編です。

お食事処の建物です。

400 (450x338).jpg

写っている建物は、宿泊等の一部です。私の泊まったお部屋は、もう少し向かって左側の棟です~。

夕食は、2階のテーブル席にていただきました。完全個室ではありませんが、空いているせいもあり、静かでした~。込み合った時には、少々ほか様の会話が気になるかもしれません。

403 (450x338).jpg

お盆とメニューがあります。

401 (450x338).jpg

404 (450x338).jpg

お食事が運ばれてくるのが、待遠しいです~。

405 (450x338).jpg

山登りもしましたので、本日はビールから~。薄くていいグラスだな~。(^_-)

406 (450x338).jpg


口取りは、アスパラ菜の辛し和え、鱚酒盗焼、へぎ独活です。さっぱりと美味。

408 (450x338).jpg


前菜です。鮎うるか、黄にら、花穂、つぶ貝炙り寿司、モロッコいんげん糸雲丹包み、車海老塩湯、一寸豆、蛸軟らか煮、どれもこれも美味しいです。お酒が進みます~。

409 (450x338).jpg


吸物は、あいなめ葛叩き、岩もずく、梅肉、丘ひじき、実柚子。少々出汁が不足気味でしたが、アツアツでよかった。アツアツは、何よりのごちそうです~。( ^^) _U~~

411 (450x338).jpg


お造りは、伊勢海老、平目、白みる貝。白みる貝は、初めて食べました。甘みもあり美味。

412 (450x338).jpg

413 (450x338).jpg

414 (450x338).jpg


食も進み、お勧めの冷酒を注文。刈穂山廃純米というお酒でした。辛口で安くて美味しかったですが、やはり黒龍にはかないませんでした。

415 (450x338).jpg


お凌ぎは、ホワイトアスパラの海鼠腸蒸しです。海鼠の香りが新鮮でした。とっても美味。初めての味わいでした~。

417 (450x338).jpg


焼き物です。甘鯛の松笠焼、すだち牛サーロイン。甘鯛の鱗の焼が少々あまくて、ぱりぱり感が少なかったのが残念。

スダチ牛は、サーロインにしては、とってもさっぱりと美味しくいただけました。

418 (450x338).jpg


箸洗いです。薄葛仕立て、白ずいき、柳松茸、小芋竜田揚げ。これは、可もなく不可もなくでした。

421 (450x338).jpg


煮物は、筍土佐煮、冬瓜、島オクラです。これは、少々甘口で、美味しかったです。

423 (450x338).jpg


独活とぜんまいの炊き込みご飯とお味噌汁とお漬物、お味噌汁がアツアツで満足でした。

425 (450x338).jpg


デザートは、デコポン、枇杷、アイスクリームでした。やっぱりコーヒーが出ません~。
よほどここではコーヒーがお高いのでしょうか?

427 (450x338).jpg





続いて、朝食です。

429 (450x338).jpg

今度は、1階の掘りごたつ形式のお食事処で頂きます。

430 (450x338).jpg

テーブルには、お盆がセットされ、お醤油のほかに器があります~。手前の塗箱が気になり手に取ると、温かいです~。

431 (450x338).jpg


海苔が入っていました~。

433 (450x338).jpg


梅干しもあります~。

434 (450x338).jpg


まずは、サラダです。胡麻ドレッシングと、フレンチドレッシングがあります。個別にお皿に分けて頂きます。とっても新鮮で美味しかったです。

435 (450x338).jpg


オレンジジュースと、グレープフルーツジュースです。どちらも美味。

436 (450x338).jpg


お漬物もいいつかり具合でした。

438 (450x338).jpg


妻君は、おかゆセットを注文。

439 (450x338).jpg


私は、白飯セットを注文いたしました。
味噌汁、納豆、牛肉時雨煮、鰈の塩焼き、鰈の骨せんべい。特に時雨煮が美味。

440 (450x338).jpg


明太子、胡麻の湯葉、出汁巻。どれも美味でしたが、胡麻の湯葉は珍しかったです。

443 (450x338).jpg


煮物です。これもそつない味付けです。

444 (450x338).jpg


最後にデザートのマンゴーです。初めてコーヒーが出てきました~。しかしデミタスでした~。やはりコーヒが高いです~。

446 (450x338).jpg

ここのお砂糖は、一つ一つ飴玉のように紙に包まれていました~。なんだか高級です~。

447 (450x338).jpg


妻君のカップと私のカップは違うもので、大変きれいなものでした~。やはりここは、コーヒーが一番高級です~。
445 (450x338).jpg
449 (450x338).jpg

全て堪能して、帰路につきました~。最後まで居心地の良い宿でした~。
やはり、出発は、10時前でした~。


総評:赤沢迎賓館

このお宿は、なんといっても設備がすごかったです。ただ、豪華絢爛という意味ではなく、上品にこれ以上の設備はないといった充実ぶりです。建築素材も大変立派ですし、使われ方も贅沢です。
その分私の気になる、遮音性も抜群で、まったく他のお客さんの気配が感じられないほどの静かさでした。
お料理もそつのない物で、おかしな味付けの物はありませんでした。どちらかといえば、京都風の味付けで、全体に優しい感じでした。

前日のあさばの後ですので、食事は少々心配していたのですが、まったく心配のない美味しい物でした。
サービスも着かず離れずで、心地よかったです。若い仲居さんの笑顔も良かったです。
初めてのフットマッサージも大変心地よく、不覚にも、後半の片足のマッサージでは、登山の疲れも出て、居眠りをしてしましました。!(^^)!

インパクトは、豪華さですが、居心地の悪い豪華さではなく、心地よい豪華さでした。

ただお湯は、塩湯?(海洋深層水)ですので、好き嫌いが別れると思います。大変気持ちはよいのですが、シャワーを浴びないとベタベタ感が残ります。
お湯が温泉になればもっとお風呂に入って楽しめると思います。とはいっても、部屋付露天には、5回も入りましたが。!(^^)!



振り返って。
今回は、念願の「あさば」「金時山」「赤沢迎賓館」をまわり、往復で。総トータル1.300KMのドライブでした。それでも、給油は1回きりでした。やはりハイブリッド車は、燃費がいいみたいです~。
それと伊豆のガソリンの高いのには、驚かされました。金沢で朝入れた時には、ハイオクでリッター151円でしたが、伊豆では、ハイオクでリッター162円でした~。11円の差は大きいです~。何故?

あさばも、赤沢迎賓館も大変満足して帰ってきました。ただし、お料理の感想は、あくまでも私たち個人の感想です~。味覚の差は、お許しください。m(__)m

あさばは、古き良き時代を残しながら、今のニーズを模索しているのかもしれません。お料理も試行錯誤の段階かも知れません。しかしながら、あの設えと、徹底した清掃はいつまでも続けてほしいものです。
独特のあの雰囲気を絶やすことなく進化してくれることを望みます。季節を替えて、再訪したい宿です。

赤沢迎賓館は、あさばとは、正反対の路線を行く旅館だと思います。現代の良さを前面に、サービスを考えているようでした。お食事もよくまとめられていると思いました。今後の進化が楽しみです。従業員の接客も自然で、笑顔が大変良かったです。綺麗な仲居さんが多かったです~。(*^。^*).


次の旅行の予定は、7月ごろになりそうです。秋田方面か、出雲大社方面を狙っております~。

ご訪問ありがとうございました。m(__)m




赤沢迎賓館「施設編」 [赤沢迎賓館]

前日からの快晴の中を、あさばを出発、以前より行きたかった金時山に登山の為に、修善寺から箱根方面を目指しました。

箱根を目指す途中、富士山が見えたので、一服です~。


220 (450x299).jpg

221 (450x299).jpg


途中ネズミ取りに遭遇。上り車線での取り締まりは、初めてでしたが、レーダー探知機のおかげで、無事に通過。かなりのスピードで、走っていましたので驚きました~。「何とも悪運が強いね。」の妻君の嫌味に耐えて、登山口に到着。


平日にもかかわらず、車が一杯でした~。どうにか車を停めて出発。登山道の途中です。まだまだ先が長いです。妻君は元気いっぱいです~。

382 (450x338).jpg

私はもうヘロヘロです~。私は、上りが弱いのです。下りは人より強いのですが、、、。痩せても登りの弱さは変わりません~。何故?

383 (450x338).jpg

金時宿りの石。転がりそうで転がりません。木のつっかい棒は意味ないです~。!(^^)!

384 (338x450).jpg

割れてます~。(~_~;)

385 (450x338).jpg

どうにか、山頂に到着。約1時間30分の登山でした~。かなり遅いです~。スミマセン。
汗だくになり、シャツを替えなければなりませんでした~。妻君は、汗ひとつかいていません~。何故?

389 (450x338).jpg

富士山がきれいです~。

387 (450x338).jpg

箱根方面の景色も圧巻です~。

390 (450x338).jpg


ゴルフ場が見えます~。

391 (450x338).jpg


山頂で一服の後下山。約1時間で下山しました~。天気が良くて最高でした~。

公時神社でお参りを済ませて、念願もかない、一路今夜の宿泊施設の赤沢迎賓館へ向かいます。

397 (450x338).jpg


途中のスカイラインからの眺めも堪能。

237.JPG


何とものどかで、絶景です~。(*^。^*)

231 (450x299).jpg

また、初めて熱海の全景も見ることが出来ました。

239 (450x299).jpg

宿では、フットマッサージが16時から予約してありますので、急ぎます~。

途中伊豆スカイラインががけ崩れで通行止めのため、回り道をしましたが、どうにか無事に到着いたします。

広大な敷地に立派なロビーで一服。お庭がきれいです~。

このお宿、私がお世話になっている方のご紹介で、宿泊を決めました~。感謝です~。

249 (450x299).jpg


あさばと、うって変わって、新しくて大変豪華な設備です。DHCの経営と聞いていましたが、すごいの一言です。税金対策?

251 (450x299).jpg

今回は、フットマッサージ付の割安プランで宿泊いたしました~。
お茶を飲んだ後、すぐにお部屋に~。

252 (450x299).jpg

お部屋では、改めてお茶と甘味を頂きました。

263 (450x299).jpg


お部屋は、2階の角のお部屋の「ゆり」です。

269 (450x299).jpg

静かなお部屋を希望しておりましたところ、2階の角で、この3部屋の棟の宿泊者は、私たちだけでした。
宿の配慮に感謝です。m(__)m

281 (450x299).jpg


このドアのカードキーが、全ての電気のマスターになっていて、抜き差しで、ON,OFFが出来ます~。

273 (450x299).jpg


いつでも横になれるベッドがあります。

253 (450x299).jpg

主室です。ちょうど良い大きさです。
254 (450x299).jpg

257 (450x299).jpg

258 (450x299).jpg

TVも42インチの大型。

259 (450x299).jpg

冷蔵庫は、アルコール以外は、全て無料です。

278 (450x299).jpg

冷蔵庫の上のちょっと凝った水屋?

275 (450x299).jpg

279 (450x299).jpg

清掃もきれいにされています。あさばほどではありませんが。

268 (450x299).jpg

ベランダには、海洋深層水の露天風呂があります。大きさは、たて3M、よこ1Mの大きさがあり、とってもリッチです~。部屋の扉は、フルオープンにできます。(ちなみに、この写真は、翌朝のもので、この時初めて、フルオープンになることを知りました~。ドジです~。(~_~;)朝からの雨です。昨日で無くてよかったです~。帰り道は、ずっと雨でした~。)


284 (450x299).jpg


このお風呂、入るとなんだか体が軽くなり、寝そべっていると、ポカーっと浮いてきます~。なんでも、濃縮された海洋深層水らしいです~。
温泉ではありませんが、かけ流しです~。画面左から右方向に常に流れています。

また、お風呂から出ると、体が重く感じます~。だるい感じです~。
湯船の中での浮力がなくなって、一挙にだるく感じられるのだと思います。

255 (450x299).jpg

ベランダからの景色は、こんな感じです~。前面が森となっています~。

256 (450x299).jpg


この露天風呂のお湯は、かなりの塩分で、浮くのだと思いますが、湯上りには、シャワーでの水洗いが必要でした~。


ちなみに、シャワーは、こんな感じです~。画面にはありませんがシャワー室の天井からに、もう一つ大きなシャワーがついています。設備は、至れり尽くせりです~。

265 (450x299).jpg

洗面も大きなもので、バスタオル1人4枚ずつ、ファイスタオル1人4枚ずつ、ハンドタオル1人2枚ずつ、バスローブ1人1枚ずつ、などなど豊富です~。

262 (450x299).jpg

また、この棚の備品のすべて、お持ち帰り自由です~。必要なものだけ頂きました~。(#^.^#)
タオル類は、あさば同様立派だったので、お持ち帰りはしませんでした~。

264 (450x299).jpg


こちらの棚だけは、持ち帰れません。

261 (450x299).jpg

トイレも最新型の全自動タイプです~。

277 (450x299).jpg



設備は、これ以上考えられないほどの充実ぶりです。設置して無い物は無いと思われるほどです。
唯一、コーヒーだけがなかったのが不思議です。食後には、お部屋にハーブティのサービスがあったのですが、コーヒーだけはありませんでした。

館内は、空いているのかひっそりしていて、とても静かでした。食事処の様子で、我々を入れて、宿泊者は、6組くらいだと思います~。

一服した後、併設のスパに向かい、フットマッサージを受けました。初めてでしたが、とても気持ちの良い物でした。ただ、男が1人では少々気が引けます~。妻君と一緒でしたのでよかったです~。(#^.^#)

ただし、フットマッサージを受けるのは、完全な個室で、私一人に女性スタッフが1人の二人っきりです~。しかも足のマッサージなのに、バスローブに着替えなければならず、なんとも面倒なシステムでした~。膝下だけのマッサージなので、ズボンの裾をめくるだけでいいと思うのですが、、、、。(~_~;)

マッサージを終え、お部屋に帰るとお食事の時間が迫っていました~。
そそくさと、部屋を後にして、食事処へ急ぎます~。


ご訪問、ありがとうございます。

次回は、お食事編です~。
赤沢迎賓館 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。