So-net無料ブログ作成
検索選択
ふたり静 ブログトップ

ふたり静②「食事編」 [ふたり静]

お食事編です。いろいろな、書き込みでのお料理の評判が、かなり良かったので楽しみです~。

お品書きです。あまり見かけないお料理が、書き記してあります、期待が持てます~。
2 (1).JPG


まずは、食前酢。酒ではありません~。

そして、雲丹と納豆ラー油の軍艦巻き。これが大変良かった。今までに食べたことのないお料理でした。納豆は、あまり得意な方でなかったのですが、とってもおいしかったです。おかわりがほしかった~。

左隅の小鉢は、ゴーヤの黒豚味噌和え。これも、初めての味で、おいしかったです~。

2 (2).JPG




炙り鱧のミルフィーユ仕立て、鱧卵梅肉ソースで。パリパリのパイと、梅肉ソースが何とも言えませんでした。
左肩は、烏賊の新香和えにキャビア添え。
2 (3).JPG


お刺身盛り(トロ鮪・カンパチ・ボタン海老・赤貝・きびなご・コラーゲン)どれもこれも、ぷりぷりです~。ただ、コラーゲンは、味がしませんでした。
2 (4).JPG


お酒一滴。癖のないおいしいお酒でした。
2 (5).JPG


かぼちゃのクリームポタージュスープ。濃厚で、とっても甘く、なめらかなスープでした。美味しい。
2 (6).JPG


完熟トマトにクネルの茶わん蒸し。茶わん蒸しというより、フランの口当たりで、本当に美味。文句ない味でした。
2 (7).JPG


お口直し、いくらと刻みオクラの冷製和風パスタ。すべての料理の中で、私は、1番美味しかったお料理です。どれだけでも入りそうでした。
2 (8).JPG


鹿児島産牛ヒレ網焼きステーキ、みぞれ酢ソースで、。お肉は柔らかく、味もしっかりしていて、お腹いっぱいなのに入ってしまいました。
2 (9).JPG



抹茶のムース、葛餅、旬のフルーツ、アイスクリーム、そしてコーヒー。もう文句なしです。
いろいろな、書き込みどうり、本当に満足のいくお味でした。
2 (10).JPG


夜食として、おにぎり。
2 (12).JPG


朝食も部屋の食事室で、頂きます。
編み籠に盛られています。どれもこれも美味しく、特にさつま揚げと、タコの柔らかにが美味しかったです。
2 (13).JPG

        2 (14).JPG


味噌汁もアツアツで、お出汁もよく利いていました。
2 (15).JPG

しめのコーヒーもうれしい一品でした。
2 (16).JPG



総評:この宿のお料理は、「かわせみ」の懐石とは、方向の違う独自の懐石料理です。
かわせみは、今でも私の中では、1番のお宿ですが、この「ふたり靜」は、それに次ぐ、お料理だと私は思います。もう少し、近距離なら、せめて500kまでなら、年に1回は行きたい旅館です。お料理も温泉も本当に良い宿だと思います。駐車場と、お部屋のしつらえが、変われば文句なしだと思います。
それでも、私の中では、NO2です。


翌日は、台風一過。昨日の台風がウソのようです。空は快晴。
この旅行は、この「ふたり静」と、「高千穂」に行くことがメインのたびです。
お天気は、よくなりますます楽しみです。
次回は、第3日目をご紹介いたします。いよいよ高千穂です~。

ご訪問ありがとうございます。









nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ふたり静①「施設編」 [ふたり静]

二日目は、山荘天水から、待望の「ふたり静」への移動。途中、せっかくですので、宿のパンフレットに出ていた、九重夢大吊橋に立ち寄った。午前中は小雨、台風が大分接近して来ているみたいで、降ったり止んだりの空模様。幸いにも九重夢大吊橋に到着時には、雨もあがり曇り空、このようなお天気にも関わらず、観光客でいっぱいです~。(ま、自分たちも一緒ですが、、、。)さすが、日本一の人道吊橋。すごいスケールです。ただ、私は、高所恐怖症なので、当初は、渡ることを拒んでいましたが、妻君の脅迫に負けての渡河となりました~。悲しい。

橋の入り口です。500円也を支払って、渡ります。(なぜ500円払ってまで、こんな怖いところに行かなくてならないのだろう?yossy心の叫び。)
1 (1).png


妻君は、ルンルンです~。
1 (2).png


それに引き替え私は、かなり引きつっています~。怖い。(―_―)!!
1 (3).png


橋からは、大きな滝が見られます。
1(3-2) (1).JPG


やっと、往復しました。「やっぱり、この眺めだけでよかった。」後悔。
1(3-2) (2).JPG



時間もあるので、ついでに阿蘇山も行こうと、車を進めます。しかし、徐々に天候が悪化。山頂付近に到着時には、ドシャ降り。通行止めも始まり、とても観光どころではありません。そして、テレビを見ていると、霧島方面に警報が出る一方、崖崩れが至る所で発生。早速携帯で宿に確認。「はい、霧島温泉への道は、1本しか確保されていません。そのほかは、がけ崩れで通行止めになっています。無理はなさらないでください。キャンセル料は、いただきませんので。」とのこと。「でも、今から宿を探すのも大変だし、、、。」早速そんな時思い出しました~。便利な機能を。G・BOOKでレクサスに連絡して、走行可能な道を問い合わせしました。「お客様、こちらで、現在通行可能な道路で、お客様の現在位置から最短の霧島温泉までのルートをセットさせていただきますので、5分ほど車を動かさないでお待ちください。」とのこと。何とも心強いサービス。2分ほどで、ナビが自動的にセット完了して、走行開始。迷うことなくスムーズに到着。


「ふたり静」は、霧島温泉郷の普通の住宅街のようなところに立地しております。入口は大変狭く、駐車スペースも5台くらいです~。もう少し広くてもいいかな~と、思いました。もっとも5部屋しかありませんので、これでいいのかもしれません。
到着して車を止めようとしていると、、従業員さんが、いつの間にかあらわれました。何か駐車場口にセンサーがついているのだと思います。駐車場から、階段をしばらく上がると、小さな母屋が見えてきます~。う~ん。小さい。宿の方曰く「早かったですね。国道は一本しか通行出来ないので、キャンセルも入っています。どうやってこられたのですか?」他県人が無事に来たことに大変驚かれていました~。
今回は、この車でよかった~。つくづく思いました。


受付を済ませ、お部屋に到着。すべてが完全な離れ。真ん中のお庭を囲むように立っています~。ここが住宅街とは、だれも思いません。別空間です~。

後ろの赤い建物は、母屋になります。玄関からは、この3分の1しか、建物が見えませんでした。
1-1.png


泊まったお部屋の玄関付近です。雨降りで、緑がきれいです~。
DSC_0377.JPG


お部屋の様子です。お部屋の名前は、「花の音」。まずはリビングです。すべて板の間です。ベットルームも、続きになっています。
1 (7).JPG



トイレ、洗面まで同じフローリング続きです。トイレに扉がないのは、いかがなものか。
夫婦でも、少々抵抗があります~。もっとも、洗面所とリビングの間には、扉があります~。ちょっと安堵。
1 (5).JPG


ベットルームも続き部屋。広さは十分です。
1 (4).JPG


併設の食事部屋です。二人で、ゆっくり食事ができて、良い空間でした。リビングを通らず直接玄関から出入りできるので、給仕するときも従業員の方が、リビングを通ることがないので、大変良かったです。
1 (6).JPG


露天風呂です。別棟の貸し切りのお風呂もありましたが、当日は、台風の為行きませんでした。このお風呂だけで、十分でした。
1 (8).JPG


水風呂です。
1 (9).JPG


このお部屋だけの岩盤浴室です。妻君も私も、初めての岩盤浴でした。良かったのか、どうかは、何とも言えません~。好みです~。
1 (10).JPG


内風呂です。五右衛門風呂の様です~。なかなか良かったです。
3.JPG内風呂です。



露天風呂の全景です。写真の右手に内風呂があります。
1(9-2).JPG


別に貸し切りの露天風呂があります。
1 (11).JPG


さて、次回は、お食事編です。初めて見るお料理が、たのしみです~。
ご訪問に、感謝いたします。






nice!(2)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
ふたり静 ブログトップ