So-net無料ブログ作成
山荘天水 ブログトップ

山荘天水②「食事編」 [山荘天水]

さて、いよいよお食事です。
ロビー近くのお食事処で、頂きます。私たちは、2階のお部屋でした。


最初にテーブルに、これだけのものが並んでいます。
左手前から、柚子酒、黒ゴマ豆腐。ほおづき寿司、馬刺し、鮎うるか和え、梅ジュンサイ、豊後水道のお刺身。
3 (1).JPG


馬刺しは、大好物。大変おいしくいただきました。妻君の分も~。
3 (2).JPG


このお刺身は、山中にも関わらず、きときとです。(こちらの方言で、ぴちぴち新鮮の意)
3 (3).JPG


ゴマ豆腐は、濃厚で美味。
3 (4).JPG


予約の時に、何か記念のご旅行かと聞かれ、「結婚30周年の記念です」と、答えていましたが、この時点では、すっかり忘れていたのですが、サプライズで、ケーキを出していただきました。感謝。
3 (5).JPG


お吸い物です。枝豆シンジョウです。鱧も入っています。これは少々ぬるかったです~。お味は、良かったので残念。
3 (6).JPG


魚素麺。私の大好物です。これも妻君分もいただきました~。
3 (7).JPG


炊合せです。甘口でおいしかったです。
3 (8).JPG


鮎の田楽です。これは、焼き立てで、あつあつです。イワナの田楽は、よく食べますが、、、。鮎の田楽は、初めて食べました。塩焼きか、お寿司でしか鮎は食べたことがなかったのですが、大変おいしかったです。
3 (9).JPG


焼きガニですが、メニューにない特別料理らしいです。サービスとのこと。
この時期に、カニとは珍しいです~。ちょっと時期はずれ?
3 (10).JPG


和牛治部煮。治部煮とこんなところで、出会うとは、、、。治部煮と言えば、わが故郷の郷土料理。料理長が、金沢ででも、出会ったのかな。私にすれば、食べなれたものですが、、、。

金沢の治部煮ではありませんでした。見た目も味も、まったく別物です~。これを治部煮と言われても少々戸惑います~。味は美味しかったのですが、名前は、変えた方が良いす~。
3 (11).JPG



米茄子の中華漬け。これも美味しいのですが、中華の味ではないです~。やはり、ネーミングが、、、。おいしいだけに勿体無いです~。
3 (12).JPG


無花果胡麻クリーム掛け。牛肉は、1品でよかったと思います~。
3 (13).JPG


お食事です。冷汁は、初めての体験でしたが、結構思っていたよりおいしかったです。
キビ飯も、初めてです。お漬物。これが大変おいしく、朝ご飯でもご紹介いたします。今までの旅の旅館のお漬物の中でも、ベスト1です。本当においしかったので、無理を言って、お代りをいただきました。
3 (14).JPG


デザートは、フルーツトマトの蜜煮、青桃シロップ漬け、ゴールデンキウイとトマトムース。初めての味わいででした。
3 (15).JPG


さて、朝食は、大広間にて、部分的なバイキングで、昔ながらのお膳で、頂ます。大広間で、お膳ですので、少々腰がつらかったです。
見たところ至ってシンプルですが、どれもこれも美味しいのです。大好物のポテサラあり、卵焼きも甘口で、残さず完食致しました。
3 (16).JPG


夕飯でも書きましたが、右端のお漬物が大変おいしかったです。お漬物と飲み物は、自由にとってこられるバイキング形式、最近は、めったにお変わりしない私ですが、このお漬物は、3回お変わりをして、妻君から失笑されました~。(~_~;)  お料理は、良い方だと思いました。中でも一番おいしかったのが、少々失礼かもしれませんが、このお漬物でした~。
3 (17).JPG


総評:全体的に、古い施設(わざと古く見せているのかもしれませんが。)ですが、使い勝手は、悪くありませんでした。接客も満室の割には、行き届いていました。また、お料理も全体的には、おいしく、ボリュームもあり、このお値段としては、大変コスパもよかったと思います。台風が近づいていて、気分も暗くなりがちでしたが、そのことを忘れさせてくれるくらい、落ち着いた宿だと思いました。私が一番気にする、騒音もなく、快適に過ごすことができました。ただ、駐車場は、もう少し整備してほしいところでした。

次回は、第2宿泊地、お食事が絶品の「ふたり静か」を、ご紹介いたします。
ご訪問ありがとうございました。( ^^) _U~~




nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山荘天水①「施設編」 [山荘天水]

結婚30周年の記念旅行で、九州旅行の時の宿泊お宿をご紹介いたします。
金沢を、大阪を8時前に通過したいため、午前5時出発しました。北陸道から名神と順調に走行。もくろみどおり無事に中国道にぎりぎり入線。どうにかラッシュをやり過ごしました。中国道から、山陽道に入り、ひたすら九州方面へ。無事に関門橋に到着。時間は、、、。12時、、。ちょっと予定より早いです~。関門橋を渡り、九州道へ。順調です。最初の目的地は、天ヶ瀬温泉。九州縦貫道は、かなりの交通量で、名神並みの混み方です~。九州横断道に入った途端、車が全く見えません。快適~。スピードがどんどん出てきます~。その時、前方に一台のゼロ・クラウンが、、、、。「う~~~ん。前の車、覆面かも~。」「トランクが下がって見えるし、覆面のオーラが出てる~。」と私。「本当?気を付けてね。」妻君。前方500mに接近。「やっぱりそうみたい。」私。まずいな~。でも、捕まるのは嫌なので、減速~~~。スピードメーターは、90KMを指しています。あれ、ここは100KM制限のはず。110KMで、追い越し、「やっぱりそうよ。青い制服で、ヘルメットだよ。」妻君。「よかった。このスピードなら大丈夫」ちょっとしたハプニングでした。
高速を降りて、今夜のお宿、「天水」に、一直線。どんどん山道に入っていきます。道は、どんどん細くなり、交差もできない道になってきます。「本当にここなの~。」妻君の不安。
私も少々不安。でも、ナビは、どんどん険しい道へ。やがて、駐車場らしきものが見えます。でも、とっても狭く、満杯。あれ~、まだナビは、到着と言っていません。さらに進むと、ポカッと、広場が、、。ここがお客様駐車場?でも、建物が見えません。不安。
よく見ると、人影が、、。従業員さんが、お出迎え。建物は、従者上の下の方に隠れています。ほっと安心。到着です。ジャスト、14時到着。う~ん。所要時間、9時間でした~。

玄関です。当日は、台風の接近で、雨模様です~。ブログの開設予定もなかったため、人物が多く写りこんでいますので、ぼかしが多用されますが、よろしくご理解願います。

玄関です。駐車場から、階段で、10M位下ります。
1 (1).png


ロビーです、少々手狭な感じ。全体にレトロです~。
1 (2).JPG


休憩所には、箱階段。これもレトロ~。
1 (3).JPG


ラウンジのカウンターです。ここでチェックインです。
1 (5).JPG


ちょっとびっくりしたのは、建物の中に、岩がめり込んでいます~。!(^^)!
少々わかりにくいかもしれませんが、頭の中で、2枚の写真を横に並べて見てください。
元からある、大きな岩に合わせて、建物を建てたみたいです。広角レンズを持っていかなかったので、全体を撮ることができませんでした~。壁を壊してめり込んだようになっています~。
館内外は、少々古い感じがしました。少々手狭な感じは否めませんでしたが、お風呂と、お料理は、良かったと思います。
1(8).png
1 (4).JPG


貸し切りの露天風呂への道です。当日は、雨ためと、部屋付露天が立派だったので、使用しませんでした。
1 (6).JPG


さてお部屋は、部屋露天風呂付きBタイプ。一番端っこにあるお部屋でした。「静かなお部屋を希望」の、リクエスト通りのお部屋でした。入ると初めに板の間の囲炉裏のお部屋。
2 (1).JPG


続き間の和室です。約八畳ほどです。
2 (3).JPG


廊下には、椅子が、、、。少々狭く当たります。
2 (2).JPG


お部屋全体です。少々手狭感はありますが、2人には十分です。
少々お部屋の痛みが気になるところ、、、。
2 (1).png


部屋付の露天風呂です。浴槽の上には、屋根があり、この大雨でも問題ありません。川縁にあり、とってもいい感じです~。この奥が、先ほどご紹介した、貸切露天風呂です。
今回は、大雨にもかかわらず、お湯がとってもよかったので、5回入りました~。
2 (4).JPG



次回は、お食事編です。拝読ありがとうございました。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
山荘天水 ブログトップ